喜ばれる古希プレゼントは「古希祝い館」

最終更新日:2018/10/19
古希のプレゼントなら「古希祝い館」

喜ばれる古希祝い

長寿を願いお祝いする節目となる時期で、最も知られているのが60歳のお祝い、還暦でしょう。そしてこの還暦の次にあたるのが、古稀(こき)になります。

古稀をお祝いする歳は、数え年で70歳となる日であると、古くから伝えられています。

ですので、現在では満年齢で歳を数えて誕生日をお祝いすることから、満年齢で69歳となる日が古稀にあたるといわれています

江戸時代前後から庶民にも長寿のお祝いが広まっていったと言われていますが、そのころの平均寿命は50歳ともいわれており、70歳まで生きることはまれで珍しいことだったようです。

そういうことから、70歳を古稀と呼んで長寿のお祝いをしていたといいます。

また、お祝いには高貴な色で神聖性を持つとされている、「紫色」を取り入れると良いとされています。

還暦を象徴する「赤色」のように、それぞれのお祝いに定められているカラーを取り入れると、より長寿のお祝いらしくなるので、ぜひお祝いの会を開く際も、プレゼントを選ぶ際も、紫を意識してみてください。

古希のプレゼントなら「古希祝い館」

さて、お祝いのための古稀プレゼント。何をあげたらいいだろう・・と悩んでいる方には、「古希祝い館」というネットショップをチェックしてみませんか。

こちらのお店では、お酒の瓶のラベルに名前やメッセージを入れてくれるサービスがついた、名入れ酒を販売されているんですよ。

お酒といっても様々なものがありますが、こちらでは日本酒・焼酎・ワイン・紫蘇ジュースなどから好きなお酒を選ぶことができます。

しかも、すべて新潟県が生産地となっているお酒になりますので、お酒好きな方にも喜んでいただけると思います。

また、ラベルには強度が強く丈夫な手漉き和紙が使用されていて、名前の他にも家紋やロゴ、イラストにも対応していますので、この世に二つとない、古稀をお祝いする方だけの特別なプレゼントになることは間違いありません

さらには、この名入れ酒のそれぞれの商品には、記念日新聞という、指定した日付の読売新聞朝刊の一面と、指定年数から20年間の年表が付いてきます。

お祝いされる方本人の生まれた日の新聞でも良いですし、結婚記念日の新聞でもOK。この新聞だけでもなかなか希少価値が高いものです。

「古希祝い館」のプレゼントを贈れば、当時を思い起こしながら家族との会話も広がり、人生の大きな節目をお祝いすることができ喜ばれることでしょう。

ぜひ古希のプレゼントは「古希祝い館」で。

古希祝い館はこちら