古希祝い

涙の古希お祝い!心に残る古希祝いを演出しよう

更新日:

古希祝い

古希の方が感動するようなプレゼントを贈って、心に残る古希祝いにしましょう。主役の人に喜んでもらえると、お祝いする側もうれしい気持ちになりますよね。

お祝い方法やプレゼントの内容はさまざまですので、古希の方の好みや予算などに合わせた内容を検討するのをおすすめします。

今回は、これから古希祝いを控えている方のために、古希の祝い方やプレゼントの傾向についてご紹介します。

 

古希をお祝いする年齢

古希祝いをする年齢

古希祝いとは還暦祝いと同じ長寿の祝いです。

古希祝いの場合、数え年で70歳です。これは中国の唐時代の詩人・杜甫がつくった詩の一節に出てくる「人生七十古来稀」が由来だと言われています。

還暦祝いは満61歳で祝い、古希祝いは数え歳70歳かつ満年齢69歳の歳に祝っていました。

昔はここから本格的な長寿祝いが始まるのでしたが、平均寿命が長くなっている現代において今の古希祝いは昔の還暦祝いに当たるとも言われ、最近では満年齢70歳の年に祝うのが一般的となっています。

 

古希の祝い方について

70歳の祝い方

また祝い方にはこれといった決まりはありませんが、家庭の事情に左右されます。

大抵の場合は4つのパターンとなり、1つめは自宅での祝宴、2つめはレストランといった場所での祝宴、3つめは高価なプレゼントの贈呈、4つめは温泉旅行となります。

また祝う日は誕生日の前後や敬老の日といったように特別かつ家族や親戚が集まりやすい日を選ばれており、そこで紫色のちゃんちゃんこをイベントアイテムとして贈る方も多いようです。

何故紫色かといえば、還暦祝いの色が赤色のように古希祝いでは紫が祝いの色とされているからです。

そのためプレゼントも紫色が入ったものが人気があります。しかし一番大事な事は古希祝いの本人の意思でしょう。

形式にこだわるのも大切ですが、それよりも主役の意思を尊重し、食べたいものや欲しいプレゼントを聞いて準備するのが古希祝いを成功する秘訣だといえます。

そして、ご家族で古希祝いに集まった際には、後々記念に残るように記念撮影をするのをおすすめします。古希祝いの時間は、その日に味わえない特別な時間となりますので、写真でその瞬間を収めておきましょう。

古希のプレゼントで喜ばれる演出!思わず笑顔になる古希祝いにしよう

 

古希のプレゼント

古希には紫色のプレゼント

最後に、最近の古希祝いギフトの傾向だけお伝えしておきますね。最近は、世界に一つの名入れ・オーダーギフトというものが流行っています

ここでは、オーダーギフトで特に人気のある古希祝いのプレゼントをご紹介します。

名前詩

そのうちの一つが名前の詩(名前ポエム)です。これは、お祝いされる方の名前を使った詩を作り、それを額に入れたり、時計とあわせた置物にしたり、掛け軸にしたりしてオリジナルアイテムにできるサービスです。

似顔絵や写真などもつけるとさらに華やかになります。

自分の名前を使った心のこもったメッセージや似顔絵が描かれた名前詩は、心温まる贈り物となり、見るたびに幸せな気持ちになってもらえるでしょう。

メモリーズクレイ

メモリーズクレイ

その他には、メモリーズクレイというものもあります。こちらは贈られた写真をもとに、お祝いされる方をメインにした粘土アートを作ってくれるというサービスです。

長寿祝いや退職祝い、誕生日など特別な節目に人気のプレゼントであり、希望に合わせてご夫婦での人形やご家族の人形も作ってもらったり、人形に小物を持たせたりすることができます。

また、思い出の地を背景に加えてもらうこともお店によっては可能であり、思い出を振り返ってもらうことができるアイテムにもなります。

名入れ酒

お酒が好きということであれば名入れ酒も人気です。

こちらは日本酒や焼酎などのお酒のラベルを名前や言葉を入れてオリジナルラベルにできるサービスです。生まれた日の新聞をセットにした商品もあります。

インターネットで調べてみると古希のお祝い専用のお店や商品がたくさんあるので、吟味してみてください。

70年前の誕生日新聞付き古希メッセージラベル

-古希祝い

Copyright© 古希のお祝い屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.