70歳の古希の贈り物で喜ばれるもの

古希のお祝いと贈り物

古希のお祝いと贈り物

一昔前70歳まで生きている方は珍しかったということもあり、古希のお祝いもとても盛大でした。しかし今は、平均寿命も伸び人生90年時代も現実味が帯びてきました。そういうわけで昔と今は状況が変化しているので、70歳が珍しいということは少なくなりましたし、昔ほど意識して盛大に祝うということもなくなっています

これは前述の通り、日本人の平均寿命が延びているというのが大きな要因の一つとなっているのですが、男性では77歳の喜寿のお祝いをする人が多くなっていますし、女性では88歳の米寿のお祝いも、平均寿命からするとかなり多くの人が到達できるということです。

でも、仕事が忙しいまま迎えた還暦のお祝い後、前後での定年退職があり、再雇用制度でのお務めも終了し、65歳以降となると、古希は初めての長寿のお祝いとなるのですから、周りの人は盛大に祝福したいものです。

古希の贈り物に紫色

そこで、贈り物は何にするかということですが、色については昔から紫を基調とすることが一種の約束事になっていますので、品物にもよりますが、紫を意識した方がより長寿のお祝いらしくなります。

肝心な品物ですが、昔に比べると今は実に様々な商品が販売されていますので、セレクトもすごく難しくなっている状況です。しかも必要なものはご本人が持っているという状態も多いのが現実です。

そこで、消費するものが中心となり、珍しいお酒という具合になり、そこに似顔絵や贈る側のメッセージを添えるというようなプレゼントをおすすめします。コーヒーや紅茶がお好きな人には、変わり種や王室ご用達といったものも喜ばれます。

消費するのもでなくても、おしゃれ着や帽子なども喜んでもらえます。ご本人が欲しいと思っているものをそれとなく探り出すのが一番のポイントになりますが、品物が決まったのであれば、少し派手なもの、おしゃれっぽいものがいいでしょう。

何だかんだと言っても、ご本人は自分の歳を気にして、身に付けるものは地味なものを選びがちになるからです。もちろん、例外の人もいますが、一般的には遠慮気味になるということです。

でも、実際はいつまでも若く見られたいという願望があるので、派手なものやおしゃれなものに興味が強くあるのです。最近は街を歩いていてもおしゃれを意識されている高齢の方も多いです。このあたりを配慮しながら、紫基調でお祝いすると、いつまでも大事にしてもらえますし、とてもいいお祝いの贈り物になるでしょう。

プレゼントをあげる際はぜひ一言メッセージを添えて、感謝の気持ちを伝えてくださいね。

70歳の古希の誕生日に贈りたい贈り物とは。

70歳の女性への贈り物

70歳と古希のお祝い

70歳に行う誕生日のお祝いを、古希と言います。家族や親族、友人などが集まり、みんなでご飯を食べたり贈り物を贈ったりすることで、今までの健康への感謝と、これからもずっと元気でいてほしいという気持ちを込めて、お祝いを行います。 そんな古希のお祝いの際に選ぶ贈り物ですが、何を贈れば良いのか迷ってしまうという方もいらっしゃるでしょう。喜寿のお祝いにも喜ばれていますよ。

年齢を重ねるごとに、色々な方から贈り物を頂く機会も増えますので、ありきたりの物をあげても意味が無いような気がしてしまいますが、そんな方にお勧めなのが、こちらの贈り物になります。

古希のお祝いで女性に喜ばれる贈り物

70歳の女性への贈り物

まず、女性にはお花を贈ることをお勧めします。花を嫌がる女性はいませんし、特に年齢を重ねる程に花が好きになる、という女性は沢山いらっしゃいます。生け花に出来るような花束も良いですが、実際に毎日お手入れをして育てることが出来る、鉢植えのタイプがお勧めです。鉢植えになっているものですと、上手に育てれば毎年花を付けて楽しむことが出来ますし、自宅の庭に植え替えれば花が増えて広がる楽しみもあります。

更に、なんといっても毎日お世話をすることが出来るという楽しみが一番なのではないでしょうか。 花は毎日のお世話に素直に答えてくれますし、花をそだてることで愛情も湧いて、毎日の生活にメリハリもつくでしょう。事前に好きな花を調べておき、好きな花の鉢植えを贈り物として贈るのもお勧めです。

古希のお祝いで男性に喜ばれる贈り物

70歳男性への贈り物

続いて男性ですが、男性は定年から趣味を新しく始める方も多く、その趣味に合ったものを贈ると良いのではないでしょうか。例えばゲートボールが趣味ならゲートボールを行う時に着る洋服であったり、囲碁や将棋が趣味でしたら、その際に座る座布団であったりと、毎日使用できるようなものを贈ると、とても喜ばれます。

男性も女性も同じですが、自分のことを考えて選んでくれたという、その気持ちが一番嬉しいのです。さりげなく最近の趣味を聞き出して、事前に贈り物を選んでおきましょう。 70歳の古希というおめでたいお祝いの席を、とっておきの贈り物を贈って、楽しく盛り上げてあげたいですね。

また、90歳になったときには卒寿祝いで悩みましょう。

最後に喜寿のお祝いに贈るメッセージ例については以下サイトにまとめてあるので、ぜひ参考にしてみてください。

喜寿祝い館

70歳を迎える方には古希のギフトを贈りましょう

古希祝いに旅行計画

70歳と古希ギフト

70歳を迎える方には、日本では「古希」のお祝いを行います。その古希のお祝いをする際には、ギフトを贈って、家族・親戚・友人などみんな一同に集まりお祝いをすることで喜んでもらうことが出来ます。

一般的に古希を象徴する色というのは紫色です。好みもあるでしょうがそれにちなんだものをギフトに選ぶのもおすすめです。濃い紫色ではなく、あまり紫色やラベンダー色であれば、喜ばれるようになります。

また、ギフトの一部に紫色が入ったものであれば、抵抗が無くなるのでお勧めです。

そして、より真心を込めて贈るには、名前を入れてもらったりメッセージを入れてもらったりするのがお勧めです。具体的にギフトで喜ばれるものは、お酒やグラス、時計があります。

やはり日本伝統の長寿祝いである「年祝い」の「古希」ということで、特別なお祝いという意味合いでも、プレミア感のあるアイテムを選ぶととても喜ばれるようになります。

70歳と言えば、それだけ年齢を積み重ねて来られた方ですので、アイテムについても見極める力を持っている方が多いと考えられます。そのためにも、古希の年齢に相応しいギフトを探すのが賢明だと言えます。オンリーワンの雰囲気を演出することで、さらに素敵に演出をすることも可能です。

古希祝いに旅行計画

また特に品物ではなくても、家族で旅行計画したり、お祝いの食事に行ったりということでも記念に残ります。このように物をギフトとして送るのではなく、旅行や会食を行うのにも、サプライズで行ってみるというのもより感動が大きくすることが出来ます。

70歳を迎える方へのお祝いは、現在では満70歳を迎える時に行うということもありますが、それ以前に69歳で行っても構いません。一般的には、誕生日に行うことが多くなっています。

ギフトを選ぶには、前もって計画的に準備をしておけば、とても喜ばれる記念になるでしょう。ネット通販では、実に様々なギフトがありますが、特に長寿祝いのギフト専門店などには特別なギフトがそろっていておすすめです。

とにかく事前に準備をしていくことで、古希に相応しい贈り物を見つけることが出来るのでお勧めです。

70歳に相応しい贈り物を計画を持って探すようにすれば、きっとお祝いされるご本人の喜びも大きくなるでしょうし、お祝いする周りの家族や親せきもたくさんの笑顔をもらい、嬉しい気持ちで満たされるでしょう。みなさんが、素敵な古希のお祝いが出来るように、この記事が参考になれば幸いです。

70歳のお祝いである「古希」。プレゼントは何がいい?

古希祝いにアメジスト

古希のお祝いに食事

70歳を迎える方の長寿のお祝いである「古希」。その名称は中国の唐時代の詩人、杜甫の詩の一説である「人生七十古来稀なり」に由来しています。

このことからも昔は70歳まで生きることは本当に大変なことであり、珍しかったことがわかりますね。今は平均寿命もぐっと上がり70歳という年齢を聞いても驚くほどの長寿というイメージはなくなりました。

さて、そんな古希祝いのプレゼントですが、例えば食事会を開いておいしい料理を召し上がって頂いたり、旅行に行って素敵な旅館に宿泊していただくのも良いですね

孫やひ孫などもいらっしゃる方ならば、その子供たちの顔を見て、一緒に過ごす時間が一番のプレゼントなのかもしれません。一方何か形に残るものをプレゼントしたいとお考えの方もいるでしょう。

古希の色とプレゼント例

古希祝いにアメジスト

古希を象徴する色は紫色です。紫色は飛鳥時代に制定された「冠位十二階」において最高位の色とされていました。

そのため、長寿への敬意、尊敬の現れとして紫色の物を贈ってお祝するようになったようです。ただ最近では、普段の生活でも使えるような薄紫色やラベンダー色、また商品の一部に紫色が入ったものが好評のようです。

財布やバッグなどのファッション小物、ストールやショールなども喜ばれるのではないでしょうか。その中でもおすすめなのがパワーストーンでもあるアメシスト(紫水晶)です。

石言葉は高貴・知性・誠実・平和。パワーストーンの効果としては、疲れた心を癒し、落ち着かせ、穏やかな安らぎを与えてくれるといわれています。

古希のプレゼントにリンドウ

紫色とも相まってアクセサリーとしてプレゼントするのにぴったりと言えるでしょう。特に女性の方はいくつになってもアクセサリーをプレゼントされるのはうれしいものです。また定番ではありますが花を贈られるのも嬉しいものです。

紫色の花と言えばリンドウやトルコキキョウなどが思い浮かびますが、今はバラやカーネーション、ダリアさらには胡蝶蘭にも紫色があります。

紫一色や紫意外と組み合わせて素敵な花束にしてみるのも良いですね。そしてそのお花は生花だと手入れが必要ですぐ枯れてしまいますので、プリザーブドフラワーを贈る方も最近増えています。

手入れ不要で、綺麗が長く続くお花ですので長寿祝いのギフトとして非常に適しており、それゆえに人気もあがっています。

古希を迎えてなお、いつまでも健康で長生きして欲しい。思いを込めて贈るプレゼント。贈る方の顔を思い浮かべながら選んでみてはいかがですか。

70歳の古希のお祝いに合う贈り物とは

古希の贈り物

古希の贈り物

一般的に、60歳を迎えた時は還暦という言葉を良く聞きます。会社でもまだ退職する前なので、社員みんなでお祝いすることも多くあります。

そのため、親しみがあるお祝いの一つですが、その後の年齢もいくつかの長寿祝いが存在しています。

その存在は知っているものの、いったいいくつの時に、どのような呼び名があるのかまで覚えている人は、あまりいないことでしょう。

そんな中で、還暦の次にお祝いするのは、数え年で70歳の時で、古希と呼ばれています。聞けば聞いたことがある人が多いことでしょう。

古希とは、中国から伝来したもので「人生七十古来稀なり」という言葉から名付けられている言葉です。しかし、70歳ともなると、お祝いに何を贈れば喜んでくれるのかも、なかなか分からなくなってきます。

せっかく特別なお祝いなのに、イメージだけで簡単にプレゼントを選んで、あんまり喜んでもらえなかった・・なんてことにはしたくないですよね。

そこで、古希のお祝いにどのようなものが贈り物として良いのか、その考え方を紹介します。

古希祝いプレゼントの相場と種類

古希祝いギフトの選び方

まずは、お祝いの品の相場ですが、古希にあたる人が両親の場合、2~3万円、祖父母の場合1~2万円、親戚の場合5000円~2万円、親族以外の場合1万円前後となっています。

これはあくまでも相場ですが、やはり大事なのは、気持ちがこもっていることです。その時に考えがちなのが、年相応のものを選ぼうとしてしまうことです。

長寿のお祝いをするときに大事なのは、いつまでも若々しく人生を楽しんでくださいという気持ちです。ですので、あまり年齢を感じさせてしまう地味なものは避けた方が良いのです

何を贈ったらよいかに決まりはありませんが、そのことは念頭において贈り物を選びましょう。

更に選ぶ際に取り入れられる余裕や、贈りたいものにあれば、色を気にすると良いでしょう。還暦のときには、赤いちゃんちゃんこを着るということを聞いたことがあると思います。同じように、それぞれのお祝いには相応した色があるのです。

古希のお祝いには、紺や紫がその色となっていますので、意識してみるのも良いでしょう。しかし、本人が好きな色があるのであれば、そこは無理に取り入れなくても良いでしょう。

あくまでも本人が喜んでくれること、気持ちがこもっていることが一番重要なポイントです。

ということで可能ならばその古希カラーの紺・紫を取り入れつつ、これからも若々しく健康でいてもらえるように想いをたっぷり込めた素敵なプレゼントを選んでください。

古希のお祝いは-

古希祝いに紫色と安らぎと

古希祝いに紫色と安らぎと

長寿のお祝いにはそれぞれにテーマカラーが存在します。還暦のお祝いでは「赤色」がキーワードですが、古希では、「紫色」がキーワードとなります。では、なぜ「紫色」なのでしょう。

実は紫色は、古くから特別な意味を持つ色と考えられてきました。たとえば、聖徳太子の時代。貴族の冠位は紫色が最上位の地位を表す色でした。僧侶でも紫の衣を身につけることができるのは最高位の僧侶に限られていたほど。その後、こうした考え方は一般にも広がり、紫は気品や風格を備えた色として尊ばれるようになっていきました。

また紫色は、心と体のいやし効果がある色。先人達はそれを経験から知っていて、不安な気持ちの時には身近に紫色のものを置いていたといいます。だから、古希のお祝いには、長寿への敬意といたわりの心が込められた紫色をキーワードにお祝いを。

もちろん、絶対紫色じゃないといけない、ということはありません。カラーにこだわらなくても、その「敬意・いたわり」の心を大切にしてお祝いをしましょう。

家族でお祝いする際にあげるプレゼントについては、お花やお菓子、お酒などが定番となっています。特にお酒は今「名入れ酒」といって名前とメッセージをラベルに入れることができる商品が人気です。

いつでもあげることができるようなありふれたギフトよりも、この古希のお祝いだからこそプレゼントできる特別なギフトをチョイスしてあげてください。

-古稀にして生涯一度の海外旅行――志賀直哉-

初めての海外旅行

文学好きの方でなくても、その名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。私小説の神様とも呼ばれる文豪・志賀直哉。実は、彼の初めての外国旅行体験は古稀を祝う記念旅行でした。この時、ある新聞社が旅費の提供を申し出たのを断わり、あまつさえ餞別までも断わったというのは、頑固で清廉な明治人気質の志賀直哉らしいエピソードです。

その上、当の新聞社が紙上に連載した、記者による道中記の内容が“面白くするためのでっち上げ”だったことにも怒り心頭。旅を終えての帰国後、疲労と称してそのまま自宅にこもり、件の新聞社の人間とは会おうともしなかったとか。その清々しいまでの頑固さはさすがといえます。

長期旅行からの帰国

しかし、その一方で、当初は半年以上をかけて欧州各地を周る予定だった旅行を半分ほどの3ケ月で切り上げて(それでも、忙しい現代社会から見れば充分に長期旅行ですが…)帰国した理由は、実はホームシックになってしまったからだとか。生涯に最初で最後の海外旅行は、世界が認める文豪といえども、なかなか刺激的な経験だったようです。