古希祝い喜ばれるプレゼントは?

古希のテーマカラー紫

古希のテーマカラー紫

古稀とは70歳をお祝いするイベントです。最近は昔に比べ長生きする方も多いので、古稀も盛大にお祝いされる方も増えています。

そんな古稀祝いに喜ばれるプレゼントとはどんなものがあるのでしょうか。

紫のアイテム

古稀のテーマカラーが紫なので、紫に関連した贈り物がたくさん販売されています。

身に着けるものとしては、紫のちゃんちゃんこやTシャツ、帽子、ハンカチ、靴などのアイテムです。

好みもありますが、縁起が良いということで喜ばれることでしょう。

ただ、もしご本人が紫色を好まないという場合は無理にカラーを指定する必要もありませんし、商品ではなくても包装のワンポイントに取り入れたりする方法もありますので、そこは柔軟に対応してくださいね。

お花

また、紫のお花なども人気です。

紫の花束70本などのように、イベントに合わせたキャッチーな商品なども多数販売されています。

最近は生花のように水をやったりする必要がないプリザーブドフラワーのアレンジメントも人気が高く、様々なお店でラインナップされている場合が多いので、チェックしてみるといいですね。

お酒

古希にお酒をプレゼント

その他に人気があるプレゼントとしては、お酒です。お酒好きな男性の方にはどんぴしゃなギフトではないでしょうか。

お酒はと一言でいっても日本酒・焼酎・ビールなど様々な種類がありますが、一升瓶などに名入れしたものは特に人気があります。

名入れをすることで世界にたった一つだけのプレゼントになりますし、自分の名前が入っていることで贈られた方にも喜ばれます。

またその瓶は飲んだ後も取っておけるので、記念の品にもなりえます。

もし予算に余裕があれば、その特別なお酒と合わせて、名入れのグラスや茶碗などといった陶器を一緒にプレゼントするのも良いですね。

旅行

古希に温泉旅行

また、物ではないですが、旅行をプレゼントされる方もいます。

親子や孫であれば一緒に温泉旅行や海外旅行に行き、楽しい思い出を作ることで大変喜ばれる贈り物になること間違いなしです。

その際記念写真をたくさん撮っておけば、そのあともずっと素敵な思い出を形に残すことができますね。

プレゼントは贈る方によってさまざまですが、一番大事なことは贈る商品を何にするかということより、心からお祝いの気持ちを一緒に込めることです。

相手の喜ぶ顔を想像して、また今後更に健康で長生きしてもらいたいという気持ちを込めてプレゼントをしましょう。

これらの情報を参考にしつつぜひ古希祝いを成功させてくださいね。

思い出の古希祝いにしよう

古希に思い出旅行

古希に思い出旅行

古希のお祝いというと、還暦よりも認知度が低いため、「どんなお祝いをしたらいいの?何をあげたらいいの?」とイメージがわかない方がほとんどではないでしょうか。

ですが、還暦祝いよりも固定の祝い方がないということは、自由にお祝いしてよい、ということを意味します。

ですので、ぜひそれぞれのご家庭で、ご本人が喜ぶようなオリジナリティーあふれるお祝いをしてあげてください。

そしてそんな古稀のお祝いには、いつもと違うものをプレゼントしましょう。

還暦は赤いちゃんちゃんこを着るのが有名ですが、古稀はそれよりも10年長く生きた立派なあかしです。

自分の親や配偶者の親が古稀ならば、きっとその年代の子供は働き盛りの真っただ中でしょう。日ごろ忙しくて、親孝行もあまりできていないことが多いのが現実です。

有給休暇などをとりちゃんとした休みをとって、親孝行と古稀祝いを兼ねて、一緒に旅行に連れていってあげるのもいいでしょう

プレゼントといっても、別に品物じゃなくていいんですよね。古希は贈り物にも決まりがありません。

今は有名ホテルや旅館で「長寿祝いの宿泊プラン」というものを作っているところがあります。そういうプランを予約して特別なお祝いにするのも一つの手です。

古希に老眼鏡をプレゼント

そういう方とは逆に、なかなか休みがとれない方は、心のこもった贈り物がいいです。

老眼がある世代なので老眼鏡などを新調するのはオシャレです。また新聞を読みやすくするルーペなどもいいですね。

最近は特定の商品になってしまいますが、メガネ型拡大鏡 HAZUKI〈ハズキルーペ〉というものが人気で、CMで名前だけでも聞いたことがある人もいるかもしれません。

日ごろから使えるものは貰うとなかなかうれしいものです。

普段いかない高級レストランで食事などというのも記念になっていいでしょう。洋服もオシャレをして、非日常を味わうのは大切です。

いつまで経っても気持ちは若くありたいものですから、オシャレをして外出する機会は必要です。思い出のたっぷりつまった最高の一日にするためには演出が大事です

昔は人生50年と言われたものですが、今は平均寿命が70年を超えています。長生きしてくれる身近な人に古稀のお祝いをすることは人を思いやるいい習慣です。

自分がその年齢になって祝ってもらうことを考えたらわかります。思いやりの気持ちをもって人間関係を構築していきたいものです。人と人とが支えられて毎日があるわけです。

母が涙する古希プレゼントはこちら

古希の母へ喜ぶプレゼントを

古希の母へ喜ぶプレゼントを

今までずっとお世話になった一番大事な人であり、大好きな母親への古稀祝い。

70歳という節目の年齢に行う特別なお祝い。どうせなら思わず泣いてしまうような感動させる贈り物をしたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

とはいえ、人にあげるプレゼントというものは、なかなか選ぶのが大変なものです。

そこで今回は母親への古稀祝いとしておすすめのプレゼントをいくつかご紹介します。実際にプレゼント選びで悩んでいる方は必見ですよ。

手紙

母親への手紙

まずベタですが、手紙は泣かせるプレゼントの代表例ですね。

これまでの感謝、これからの願い、思いの丈を綴って贈ってみましょう。子からの手紙を嫌がる親などいません。心から喜んでもらえるはずです。

もし手紙を書くときは薄い紫色の便箋を使いましょう。というのも古稀にはテーマとなる色があり、それが紫色なのです。

あまり濃い色ですと文字も読みにくいでしょうから、あくまで藤色程度の優しい色合いにしてくださいね。

寄せ書き

アルバムにメッセージ

それから寄せ書きのプレゼントもいいですね。

母親と親しい友人や昔からお世話になっている方、もちろん家族のも込みで色紙やアルバムにメッセージを書いて贈るのはいかがでしょうか。

特に、日頃母親が一人で住んでいる方にはおすすめです。みんなお祝いしているよ、忘れていないからねという意味もあります。

寂しい思いをしないように、プレゼントするのもいいでしょう。

ちなみに、一応どういった文章を書くのがいいのかなと筆が止まっている方には、ネットで「古希祝い メッセージ例」などと入れて探してみるといろいろと出てきますよ。

家族でお祝い

そして家族みんなで集まって一緒にお祝いをする時間、これこそ一番嬉し涙を流してくれるプレゼントかもしれません。

近くで自分の温もりを与え、そして母親の温もりを感じてください。

その日にしか過ごせない時間が、そこにはあります。悔いの残らないよう大切に過ごしてください。

名入れギフト

最後は、もし品物を贈る場合の一押しギフトをご紹介しておきます。

名入れギフトというのは、例えば茶碗やお箸などにお母さんの名前を入れてこの世に一つだけしかないオリジナルギフトを作ることができる、というものです。

もし茶碗と箸だったら毎日のご飯が待ち遠しく、楽しくなりそうです。

その他にもTシャツや時計、お酒など名入れできるものは様々あるのですが、お母さんの普段の生活や趣味、好みに合わせて選んであげてください。

涙の古希お祝い

古希祝い

古希祝い

古稀祝いとは還暦祝いと同じ長寿の祝いです。

古稀祝いの場合、数え年で70歳です。これは中国の唐時代の詩人・杜甫がつくった詩の一節に出てくる「人生七十古来稀」が由来だと言われています。

還暦祝いは満61歳で祝い、古稀祝いは数え歳70歳かつ満年齢69歳の歳に祝っていました。

昔はここから本格的な長寿祝いが始まるのでしたが、平均寿命が長くなっている現代において今の古稀祝いは昔の還暦祝いに当たるとも言われ、最近では満年齢70歳の年に祝うのが一般的となっています。

古希の祝い方について

また祝い方にはこれといった決まりはありませんが、家庭の事情に左右されます。

大抵の場合は4つのパターンとなり、1つめは自宅での祝宴、2つめはレストランといった場所での祝宴、3つめは高価なプレゼントの贈呈、4つめは温泉旅行となります。

また祝う日は誕生日の前後や敬老の日といったように特別かつ家族や親戚が集まりやすい日を選ばれており、そこで紫色のちゃんちゃんこをイベントアイテムとして贈る方も多いようです。

古希には紫色のプレゼント

何故紫色かといえば、還暦祝いの色が赤色のように古稀祝いでは紫が祝いの色とされているからです。

そのためプレゼントも紫色が入ったものが人気があります。しかし一番大事な事は古稀祝いの本人の意思でしょう。

形式にこだわるのも大切ですが、それよりも主役の意思を尊重し、食べたいものや欲しいプレゼントを聞いて準備するのが古稀祝いを成功する秘訣だといえます。

古希のプレゼント

最後に、最近の古希祝いギフトの傾向だけお伝えしておきますね。最近は、世界に一つの名入れ・オーダーギフトというものが流行っています。

そのうちの一つが名前の詩(名前ポエム)です。これは、お祝いされる方の名前を使った詩を作り、それを額に入れたり、時計とあわせた置物にしたり、掛け軸にしたりしてオリジナルアイテムにできるサービスです。

似顔絵や写真などもつけるとさらに華やかになります。

その他には、メモリーズクレイというものもあります。こちらは贈られた写真をもとに、お祝いされる方をメインにした粘土アートを作ってくれるというサービスです。

お酒が好きということであれば名入れ酒も人気です。

こちらは日本酒や焼酎などのお酒のラベルを名前や言葉を入れてオリジナルラベルにできるサービスです。生まれた日の新聞をセットにした商品もあります。

インターネットで調べてみると古希のお祝い専用のお店や商品がたくさんあるので、吟味してみてください。