古希のプレゼントで喜ばれる演出

最終更新日:2018/10/19
古希祝いの演出

古希祝いの演出

古稀は70歳のことです。一言に長寿祝いといってもさまざまあり、知名度も違っています。

馴染みがあるのは、還暦や喜寿や米寿などでしょうか。それに比べると古希というお祝いはあまりなじみがありませんね。

そして、還暦は赤色でお祝いしますが、古稀は喜寿と同じ紫でお祝いします。

還暦を過ぎてからは100歳まで非常にたくさんの名前がついた祝い年がありますが、それぞれ知名度の差はあれど、お祝いというもの自体は何歳になっても嬉しいものです。

還暦から10年後、日本伝統のしきたり「古希祝い」として今までお世話になった両親をお祝いしましょう。きっと家族の絆も深まり、喜んでもらえるはずです。

また、この機会は子供たちや孫たちが集まるきっかけにもなりますし、彼らの顔を見ることができるだけでもご両親も喜ばれると思います

お祝いを企画する際には、両親の住む実家を皆が入れるようにセッティングします。

家族で古希をお祝い

なるべくご両親に気づかれないようにこっそり行ってください。大勢が入れるように長机と座布団があれば最高です。

料理は、時間と余裕があれば兄弟で手分けして用意します。出来ればご両親の好物を手料理してあげたいですね。

大人数で手作りが厳しいようなら、仕出し弁当を人数分、注文してもよいでしょう。

ちなみにこのような料理や準備の時間がない、または大変という方は実家でなくともホテルや料理店で外食という手もあるので、よく検討されてみてください。

あとは、お酒が好きなご両親ならお酒を用意しておきましょう。祝いの席なのでこの日はたくさん飲んでもらいましょう。

子供たちや孫たちに囲まれての古稀のお祝いはきっと感動されるでしょう。

孫も含めて古希をお祝い

子供たちや孫たちの成長を見られるというのは、ご両親にとって忘れられない思い出に残る日になります。今まで育ててくれてありがとうの気持ちとこれから長生きしてねの気持ちを込めて感謝の言葉も言ってあげてください

あとは古稀のお祝いで形に残るものをプレゼントしましょう。プレゼントは、定番ならばお花、人気があるのは名入れギフトというところでしょうか。

ただ、ご両親をお祝いする場合子供としては普段どういった生活をしているのか、好みなどもよくご存じだと思いますので、その生活や好みにあわせたファッションアイテムや趣味の道具などのアイテムを選ぶとよいですね。

結構プレゼントというものは記憶に残るものですし、ぜひよく考えて古希祝いにふさわしいものを選んであげてください。