古希祝い

古希祝いとは?由来や70歳をお祝いする習慣が広まった時代について

更新日:

古希祝いとは

人生の節目はいくつも存在しますが、60歳を超えると還暦祝いや古希祝いなど長寿祝いの場面が出てきます。還暦祝いは長寿祝いの中でも有名なお祝いですが、還暦の次にある古希祝いについて由来や始まりはご存知でしょうか。

人生80年と言われている時代。元気に70歳を迎える方が増えている中、身近な方の古希をお祝いする機会もあるでしょう。その際、古希祝いの由来などの知識を持っていると、お祝いをする背景を理解できます。

そこで、今回は古希の由来や古希祝いの始まり、現代の一般的な古希祝いの方法についてご紹介します。

 

古希の由来は?

古希の由来

古希とは、70歳のこと。

唐の詩人杜甫の詩・曲江「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」(酒代のつけは私が普通行く所には、どこにでもある。(しかし)七十年生きる人は古くから稀である) に由来します。

還暦は数えの61歳ですが、古希は数えの70歳のこと。お祝いの色昔から高貴な色とされている 紫色ですので、お祝いには紫色の物をプレゼントすると喜ばれるかもしれません。

なぜ、77歳の祝いを「喜寿」と呼ぶようになった理由は「喜」文字にありました。「喜」の字を草書体や 略字にすると漢数字の「七」を3つ合わせた形になります。しかし、いくらなんでも777歳という年齢は ありえませんので、「七」が2つの77歳を古希の次の長寿祝いの歳にしようということになったのです。

「古希」の「古」は、古来の「古」、「希」は「まれ」と読み、めったにはない珍しいことの意。 つまり「古希」とは、「珍しいほどの長生き」ということです。

これは、古の中国の詩人・ 杜甫の「曲 江」という漢詩の中の次の一節に基づいています。 古代中国に生きた思想家・ 孔子の言葉を表した「論語」の中に『人、齢(よわい)七十、これ稀(まれ)なり』という記述があります。

 

古希祝いの始まりは?

江戸時代と古希

日本の一般庶民にまでこの言葉が伝わった理由としては、やはり詩人・杜甫の存在を忘れるわけにはいきません。 とりわけ、世の中が安定していった江戸時代は、人々の間で学問や文芸に対する熱意が高まっていった時期。

論語や漢詩などを読み下せることは、武士だけでなく町人にとっても、教養や「粋(いき)」の証にもなっていきました

そんな時代ですから、ご先祖様の時代から読まれ続けてきた有名な詩人・杜甫のことが知られていないはずがありません。 その漢詩はさまざまな形で多くの人々の目にもふれていきました。かくして古希を祝う習慣は、 杜甫の詩とともに庶民の生活にもすっかり根付いていったのです。

古希祝いの始まりは室町時代頃

昔は70歳おろか「還暦」の60歳すらもそうとうな長生き。そのため、古代中国では40歳から10年ごとに 長寿を祝っていた時代もあったようです。

その習慣が日本にも伝わり、次第に寿命が延びていった後も、 還暦後10年目の70歳を祝う習慣は残りました。但し、実際に「70歳=古希祝い」とされたのは、 室町時代の頃ではないかとされています。

古稀祝いと古希祝いの違い

「こき」と調べれば「古稀祝い」とあったり「古希祝い」とあったり。 いったいどちらが正しいのでしょうか?

本来、古希は中国の故事「人生七十古来稀也」からきているため、 「稀」の字が正しかったのですが、「稀」が常用漢字ではなかったため、1946年の当用漢字制定の際に 「稀」の代用として同じような意味を持つ「希」の字が使われるようになりました。つまり、どちらの字も正しいのです。

古希祝いとその由来

 

現代の一般的な古希祝いの方法

現代の一般的な70歳のお祝い方法

さて、室町時代頃から古希をお祝いする習慣が始まりましたが、現代はどのように古希をお祝いするのでしょうか。

一般的に、家族や親族が集まってレストランや自宅で食事会を開いたり、それぞれが用意したプレゼントを渡したり、旅行に行ったりなどお祝いの方法は家庭によってさまざま。

古希祝いなどの長寿祝いでは家族そろってお祝いし、家族と一緒の時間を過ごすようにすると喜ばれますので、早めに古希祝いの時期を決定して日程を調整しましょう

一番大切なことはお祝いしたいという気持ち。古希の方の体調に合わせて、古希の方が望んでいる方法でお祝いしましょう。

70歳の古希祝いとプレゼントについて

-古希祝い

Copyright© 古希のお祝い屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.