古希の歴史

古希は70歳のお祝いは紫色がテーマカラー!心のこもったギフトを贈ろう

更新日:

古希のテーマカラーは紫

還暦祝いの赤色は有名なところではありますが、70歳の古希祝いでは紫色がテーマカラーとなります。

紫色は高貴で上品な色味。素敵な贈り物が見つけられそうですね。

今回は、古希祝いのテーマカラーがなぜ紫色なのかに触れながら、古希祝いに贈るおすすめの紫色のプレゼントをご紹介します。

 

そもそも古希祝いとは?

古希の由来と中国

古希祝いとは数え年で70歳、満年齢69歳に行なわれてきた長寿の祝いです。

中国を代表する唐時代の詩人・杜甫がつくった詩に「人生七十古来稀」という一節がありますが、これこそが古希祝いの由来だと言われています

一般的に長寿の祝いは数え年100歳までが認識されており、数え年61歳でおこなわれる還暦祝い、数え70歳の古希祝い、数え77歳の喜寿祝い、数え80歳の傘寿祝い、数え88歳の米寿祝い、数え90歳の卒寿祝い、数え99歳の白寿祝い、そして数え100歳の紀寿もしくは百寿祝いとなっています。

なお数え100歳より先の長寿の祝いもあり、数え108歳の茶寿祝い、数え111歳の皇寿祝い、数え120歳の大還暦祝い、数え250歳の天寿祝いという順序になっています。

このように昔から長寿を祝ってきたしきたりですが、昔は数え年でおこなってきた祝い事は現在では満年齢で祝うことが多くなっています

そしてこの長寿祝いでは象徴する色がそれぞれあります。

 

70歳の古希のテーマカラーは紫

70歳のテーマカラーは紫色

古希祝いのテーマカラーは紫色ですが、これは昔、古希祝いが本格的な長寿祝いだとされていたからです。

他にも還暦祝いは赤色、喜寿祝いは古希祝いと同じく紫色、傘寿祝いと米寿祝いは黄色か金茶色、卒寿祝いと白寿祝い、紀寿もしくは百寿祝いは白がテーマカラーとなっています。

このテーマカラーは長寿祝いの際に贈られるプレゼントや祝いの席で着るちゃんちゃんこのようなイベントアイテムのカラーでよく見かけます。

さてこの「紫」という色について、皆さんはどういった印象をもっていますか?

昔は、この紫色は高貴な色として用いられていました。その理由は、その昔聖徳太子が定めた冠による位階制「冠位十二階」で、最高位の色を紫としたことに由来します。このことから、古希祝いに紫色のものを選ぶことで、相手に敬意を表すことができます

そういった歴史があるのですが、現代では紫というと「やすらぎ、落ち着き、癒し、上品」などというようなイメージが大きいのではないでしょうか。

確かに、高齢者の方で髪を薄い紫色のカラーに染めていたり、紫色のファッションアイテムを身に着けたりされている方を目にしますが、とても上品な印象を感じますよね。

 

古希祝いに贈る紫色のプレゼント

70歳のお祝いに贈る紫色のプレゼント

さて、紫色は古希祝いのテーマカラーということを説明してきましたが、実際贈り物に紫色のものを選ぶとなるとどのようなものが人気なのでしょうか。

ここでは、古希祝いに贈る紫色のプレゼントについてご紹介します。

ファッションアイテム

紫が古希を象徴する色ということで、古希祝いにプレゼントをするならば、女性の場合前述の通り薄い紫色のストールやバッグなどファッションアイテムを贈るのが喜ばれます。

濃い紫色の物よりも薄い紫色のものやラベンダー色の物が他のアイテムとなじみやすく人気があります。

また、男性に贈る場合には、Tシャツやセーター、ポロシャツなどがおすすめ。古希祝いにファッションアイテムを贈る場合には、会の開催時期に応じた品を贈ると喜ばれます。

お酒

お酒

男性ならば普段飲めないようなちょっと高級なお酒もおすすめです。

購入するお店によって、紫色の風呂敷に包んでくれたり紫を取り入れてくれるところがありますよ。名入れのお酒を取り扱う古希祝い館では、紫色の瓶にお酒を詰め、紫色の高級風呂敷に包んでくれるサービスが人気です

さりげなく紫色を取り入れることができますし、名前やメッセージの入ったラベルで古希の方にお祝いや感謝の言葉を伝えることができます

お酒には生まれた年の新聞など日付を選べる記念日新聞を無料で添えてもらうことも可能。新聞を見ながら家族と当時の思い出話をしたり、古希祝いが終わった後も読み返したりできます。

また、紫色のちゃんちゃんこをセットで購入することもできるので、記念写真用にちゃんちゃんこを手に入れたいという場合には検討してみましょう。

喜ばれる古希プレゼントは「古希祝い館」

酒器や食器

紫色のぐい吞みや江戸切子などの酒器や、湯呑みやお茶碗などの和食器の贈り物も古希祝いには人気

それぞれ単体で贈るのも良いですが、普段からお酒を飲むのが好きという方にはお酒とぐい吞みをセットで、お茶を飲むのが好きな方には湯呑みとお茶菓子をセットにして贈るなど、一品プラスすると気が利いたプレゼントになります。

ご両親にお祝いの品を贈る場合には、ペアの湯呑みや夫婦茶碗、ペアグラスなどペアのものを贈ると夫婦円満を願う気持ちを伝えることができます。

また、最近では名前やメッセージを入れることができる酒器や食器も増えていますので、記念に名入れサービスのあるものを選ぶのもおすすめです。

記念に残る紫色の古稀祝い品

-古希の歴史

Copyright© 古希のお祝い屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.