70歳のお祝い古希に最適なギフトとは

最終更新日:2018/10/19
古希ギフト

 

古希ギフト

日本では、70歳という年齢は「古希」という「年祝い」(長寿のお祝い、通過儀礼)に該当し、家族や親戚、友人などでお祝いすることが一般的になっています。

「古希」は、人生70古来稀(まれ)なり、という中国の詩人・杜甫の詩の中から取られた年の節目を表す言葉で、60歳を表す還暦に次いで訪れる長寿のお祝いになります。

ですが、今では還暦を迎えた方でも若々しい方がとても多く、長寿と呼ぶことさえもふさわしくなくなってきています。そういうことから古希を長寿のお祝いの最初と考えてもよいようです。

この後は77歳の喜寿、80歳の傘寿、88歳の米寿、90歳の卒寿、99歳の白寿と続きます。このあたりの年祝いはもう長寿で間違いありませんね。

さて、還暦のギフトとしては赤いちゃんちゃんこが有名ですが、古希は長寿の節目ですが、70歳の場合はいつ頃お祝いをするとか、これをプレゼントするとかいう決まり事というのはありません。

還暦を模してちゃんちゃんこを贈る場合も多いですが、ちゃんちゃんこでなければいけないという事はありません。その方とのご関係を考えつつ、喜ばれるものを贈ればよいのです

直系のご家族であれば、お手紙などもよいギフトになります。特にお孫さんからのお手紙や似顔絵などは大変喜ばれることでしょう。大事なのは「70歳まで長生きしてくれてありがとう。これからも元気でいてください」というお祝いと感謝の気持ちです。その気持ちが直接伝わる手紙は一番記憶にも残るものです。

古希ギフトにタオル

ご親戚やお知り合いであれば、やはり何かの物になりますが、ただし、70歳ともなると何かしらの健康問題はあるものです。いくら好きだからといって、お酒や甘いものなどの健康状態によってはよくないものはギフトから外すのが無難です。

食べ物であれば、のりや佃煮、お茶など、和食にあいそうなものが一般的には好まれます。食べ物以外のギフトとなりますと、タオル類はおすすめです。バスタオルやフェイスタオルは比較的よく使うもので重宝しますし、色柄の種類も豊富ですから、見栄えもよく実用的なので喜ばれます。

また、毛布や靴下ほかの防寒用品も喜ばれるものです。高齢になると寒さに弱くなっていますので、防寒用品は使って貰いやすいものの代表となります。ちゃんちゃんこに近いイメージではありますが、暖かい生地の肩掛けなどもいいでしょう。根強い人気がある湯たんぽなども新しくて素敵な柄物などを選んでギフトにしてもいいですね。