古希祝い

素敵な古希祝いの時間をプレゼント!古希のお祝いにおすすめ店をご紹介

更新日:

古希祝いにふさわしいお店

古希のお祝いをどこで行うか、悩んでいる方は多いのでは。自宅やレストラン、料亭、ホテルなどさまざまな選択肢があるため、どこで行うのが一番最適か悩んでしまいますよね。

そこで、今回は素敵な古希祝いの時間をプレゼントするためにお祝いにおすすめのお店をご紹介します。

 

古希祝いの意味について

70歳のお祝いの意味

古希祝いのお祝いの場所の前に古希祝いの意味について少々触れておきます。

古稀とは、70歳を祝う昔からのしきたりです。古代中国の詩人杜甫の詩の1節、酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なりに由来したお祝いなのですが、実際日本に伝わったのは奈良時代だったようです。

具体的な意味は、70歳まで生きる人は古くから稀というもので、長寿の祝いを行います。ちなみに余談ですが、昔の平均寿命は縄文時代が15歳、奈良時代が30歳、室町時代が15歳前後と言われています。

ちょっと今の時代からすると信じられないような驚愕の数字ですよね。とにかくその時代の平均寿命を知ると「70歳まで生きることが稀」という考え方に至ったのも大分納得がいきますよね。

現代では医療技術や食生活の変化などにより70歳まで生きることは当たり前のようになってきていますが、70歳まで無事に長生きできるというのは素晴らしいことに変わりはありません。きちんとお祝いして、これからの長寿を願いましょう。

 

古希祝いの店選びの方法とは?

70歳のお祝いの店選びの方法とは

さて話がそれてしまいましたが、長寿のお祝いにはそのお祝いに応じた「色」が決まっており、古希祝いの色は77歳の喜寿祝いと同様に、紫色となっています。

この古希のお祝いには、いくつかの基本的なパターンがあり、状況によっておすすめの店も違ってきます

招待する人との関係性

まず、本人が主催する場合は、家族などの身内だけを招く場合と第3者も含める場合とがあります。

前者の場合は、口頭での招待だけで充分ですが、後者の場合は少なくとも1カ月前には先方に届くように招待状を出さなくてはなりません

ゴールデンウィークやお盆、お正月などの連休に開催する場合にはギリギリにお知らせしてしまうとすでに予定が入っているということもありますので、身内以外も招待する場合には早めに日程を設定してお知らせをしましょう。

予算

予算

また、古希のお祝いの会を開く際には予算のことも考える必要があります。プランやコースの内容にもよりますが、旅館やホテルを利用すると一人当たり2万円~10万円程度、レストランの場合には一人当たり5000円~2万円程度が相場となっています

一方、一番費用を抑えられるのが自宅でお祝いの会を開く場合です。豪華な料理やケーキなどを用意しても一人当たり数千円程度に収まります。

できるだけ費用を抑えたい場合やプレゼントの内容にこだわりたい場合には自宅でのお祝いを検討してみましょう。

古希祝いは豪華さや高級さよりも、気持ちがいかに伝わるのかが大切となってきますので、場所にこだわり過ぎずに家族水入らずで過ごせるか、古希の方の気持ちに沿っているかを中心に考えることをおすすめします。

 

古希祝いにおすすめのお店

古希におすすめの料理

おすすめの店としては、ホテルやレストランなど通常よりも規模の大きい飲食店となります。

理由は、これらは古希のお祝い専用のコースを用意しているからです。基本的には、全て店側に任せられるので、事前のプランに頭を悩ます必要はありません。

なお、古希の食事で特に禁忌とされているものはないので、基本的には本人が好きなものを選べばよいということになります。

現在は、70歳といっても元気な人が多いので、懐石や精進料理に必ずしもこだわる必要はありません。このために、かなり広範囲から選択することが可能です。

ただし、長寿の祝いを込めた鯛や海老、小豆などの食材があると雰囲気が出るので、それに沿ったメニューを提供している店舗を選択するのが無難と言えます。

さきほど規模の大きい飲食店ならば、「長寿祝い専用のコースが用意してある」と述べましたが、実は宿泊プランとして「長寿祝い専用のプラン」が用意してあるホテル・旅館もあります

ですので、もしちょっと足を伸ばしどこか旅行がてらホテル・旅館に泊まってゆっくりお祝いしたい、という場合は、そういう長寿祝い専用の宿泊プランのある宿を選んでみてください。

皆さまの古希のお祝いが素敵なものになると良いですね。

70歳のお祝い、古希に古希祝いとして食事会をしましょう

-古希祝い

Copyright© 古希のお祝い屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.