70歳の古希のプレゼントで人気があるものとは

最終更新日:2019/05/13
古希に人気のプレゼント

古希のお祝いとプレゼント

大切な人の古希祝い。日頃の感謝やお祝いの気持ちを込めてプレゼントを贈ろうと考える方が多いのではないでしょうか。

古希祝いの際には、身の回りに必要なものが揃っている方が多いため、気持ちが伝わる記念品やイベントなどが選ばれることが多いです。参考に人気のプレゼントを把握しておくと、相手の好みに合わせてプレゼントを検討しやすくなります。

今回は、70歳の古希のプレゼントで人気があるものをご紹介します。

 

古希祝いに何を贈る?

70歳のお祝いに何を贈る?

人生の節目には、いくつかお祝いをするタイミングというものがあります。子どものときには七五三があり、成人を迎える20歳の時には成人のお祝いが、60歳のときには還暦のお祝いがあります。

そして、それ以降も長寿のお祝いがありますが、なかなか忘れがちになってしまいがちですので、ぜひ意識してお祝いをしてあげたいものです。

そして、還暦のあとに来るお祝いと言えば、70歳を迎えた時の古希のお祝いです。ところが70歳ともなると、いったい何を贈れば喜んでもらえるのか、とプレゼント選びに苦労する方も多くいらっしゃいます。

そういう場合には、古希のお祝いにどのようなプレゼントが良く利用されているのか、を参考にすると選びやすくなるものです。

 

古希のお祝いで人気のプレゼント3選

古希に人気のプレゼント

最近はインターネットが普及した関係で、このようなプレゼント選びもネットを使うという方が多くなっています。

似顔絵

そんな中古希の長寿のお祝いとしてよく選ばれているのが、家族の思いがこもった似顔絵です。しかし、ただ似顔絵を描いて送るのではなく、贈りたいものに似顔絵を描いてもらうというサービスです。

例えば、時計の文字盤の部分に似顔絵を入れてもらうものなどがあります。さらに似顔絵だけではなく、ちょっとしたメッセージを入れることもできるので、後日目に入った時に、温かい気持ちになれることが良いのです。

このように時計などの日常利用できるものに似顔絵やメッセージを入れれば、思い出に浸れる機会も増えるのです。予算的には1万円から2万円程度のものが多くありますので、金額的にもちょうどよい感じです。

花なまえ詩

似たようなサービスに、花なまえ詩というものがあります。これは、名前の文字を頭にしてポエムを作り、額に入れて飾っておくというものです。

大切な人への思いが良く伝わるプレゼントとなるので、本人も喜んでくれる良い贈り物です。また、額に入れて飾れば素敵なインテリアの一部となりますし、見るたびに贈り主の愛情を感じられて幸せな気持ちになってもらえます。

金額的にも1万円から2万円程度となっていますので、負担なく無理なく贈ることができる最適なギフトではないでしょうか。

名入れギフト

名前詩のように、名前が使われたギフト「名入れギフト」も人気が高いです。

お箸やお茶碗、湯呑み、時計、フォトフレーム、お酒、趣味に関するものなど、生活スタイルに合ったアイテムに名入れを施して贈れば、実用的ですので長く愛用してもらうことができるでしょう。

こういった名入れギフトは気持ちをダイレクトに伝えることができ、古希祝いの記念品としてずっと手元に残るものです。

古希祝いの思い出をプレゼントする意味でも、古希祝いに気持ちが伝わるプレゼントを選んでみましょう。

70歳の古希、お祝いを盛大にする逸品

 

古希祝いには気持ちが伝わるプレゼントを贈ろう

70歳のお祝いには気持ちが伝わるプレゼントを贈ろう

このように人気がある贈り物というのは、ただ物をプレゼントするのではなく、メッセージ性の強いものが多くなっています

そこにある重要なメッセージは、言葉を入れることではなく、思いを込めていることです。

ですので、必ず言葉として見せるのではなく、喜んでもらえそうなものを選ぶということ、それがあればすばらしい古希のお祝いになりますし、ご本人もきっと喜んでくれることでしょう。

古希に人気のプレゼント