古希の祝い方

70歳の古希を迎える方へのプレゼントについて

更新日:

古希の贈り物に実用的な食器類

70歳の古希を迎える方へのプレゼントは、いつもの誕生日とは違った特別なプレゼントを選んでみてはいかがでしょうか。

70歳の古希には60歳の還暦の赤色と同じようにテーマカラーというものが存在するため、そちらに合わせてプレゼントを選ぶのがおすすめ。贈るプレゼント自体に迷った場合には、最近人気のプレゼントを参考にしてみるとイメージが付きやすくなるでしょう。

そこで、今回は70歳の古希をお祝いする色や最近の古希祝いギフトの傾向をご紹介します。

 

70歳の古希をお祝いする色

古希祝いには紫色の座布団やちゃんちゃんこ

古希は数え年で70歳をこえる年を指しています。昔の平均寿命は50歳だったともいわれていることから、当時は70歳まで生きられることはとても稀だと考えられていました。

ですから、70歳を迎えられたことはとてもおめでたいということでお祝いをするようになったのです。

古希のお祝いには、60歳の還暦のときと同様に、ちゃんちゃんこや座布団などを揃えて、身内が集まってお祝いをするのが一般的です

そして古希のお祝いの色は、還暦の赤と違ってになります。紫は昔から特別な色として崇められており、高貴な人しか身につけることが許されていませんでした。

なので、長寿への敬意を表す紫のものをプレゼントしてお祝いをするようになったのです。

 

最近の古希ギフトの傾向

最近の70歳のお祝いギフトの傾向

最近の70歳の方というのは昔に比べてお元気な方が多いので、年齢を考えた落ち着いた色み・柄のものよりも、比較的派手でおしゃれなもの、洋風のイメージのものなども喜ばれます。

ここでは、近年古希祝いに選ばれる人気のギフトの傾向をご紹介します。

衣類やファッション小物

衣類やファッション小物

古希の紫を使ったTシャツやストール・ベストなどの衣類は種類も多く、好みのものが選びやすいということで定番のプレゼントになるでしょう。

還暦の赤と違って紫色のTシャツやベストなどは、持っている服などと合わせやすく着る機会も多いのではないでしょうか。

また、おしゃれなバッグやお財布なども高級そうで素敵です。ただ強めの紫色だと主張しすぎてファッションと合わせるのも難しいですが、淡い紫色であるラベンダー色のものならばおしゃれですし、コーデもしやすく最近人気があるようです。

ワンポイントとして入れるのもいいですし、とにかく絶対紫と決めつけずに、ご本人が好きな色に合わせて柔軟にプレゼントに取り入れてください。

食器類

そして、衣類や小物以外で喜ばれるものといえば、食器類なども挙げられます。紫色のおしゃれな食器は普段の食事にも使えますし、よい思い出にもなります

食器類を例に挙げると、お茶碗やお箸、マグカップ、湯呑み、そのほか和食器などを贈る方が多く、「これからも健康に気を付けて食事を楽しんでほしい」という願いを込めることができます。

湯呑みなどはこの年代の方なら毎日使う機会が多いので喜ばれるでしょう。

ご夫婦に贈られる場合には、夫婦茶碗や夫婦箸などペアのものを選ぶと夫婦円満を願うこともできるでしょう。

また、古希の方がお酒が好きな場合には、お猪口やグラスなどの酒器もおすすめ。こういった食器類や酒器は名入れできるものが多いため、喜ばれやすいです。

贈る方のイメージを考えて、衣類や小物などににするか、または食器類などにするかを決めるとよいでしょう。

花束

花束

古希祝いに紫色の花だけを花束にしたものなどもあります。特に、古希祝いに選ばれることが多いのが紫のバラ。紫色のバラは珍しく、赤色のバラとは違った特別な雰囲気になります。

紫の花だけで花束を作ったり、他の縁起の良い花と組み合わせたりして、メッセージカードを添えてプレゼントしましょう

花束は普段もらう機会が少なく、お祝いのサプライズなどで渡せば、きっと思い出に残る素敵なプレゼントになります。元気で70歳を迎える方が増えていることは、それだけでもおめでたいことです。

最近では長く美しい状態を楽しんでもらいたいという気持ちからプリザーブドフラワーを選ばれる方も増えています。

生花の場合には花屋さんやフラワーショップで相談しながら作ってもらい、プリザーブドフラワーの場合には専門店やネット通販を利用すると良いでしょう。

70歳の古希のプレゼントで人気があるものとは

-古希の祝い方

Copyright© 古希のお祝い屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.