70歳で迎える古希のいわれと、古希祝いについて

古希のいわれ

古希のいわれ

人生の節目の一つである古希。長生きするのが当たり前になりつつある現代ではありますが、70歳を迎えた方にとっては感慨深いものでありこれからの人生を振り返るきっかけとなります。

その際、お祝いの気持ちや感謝の気持ち、労いの気持ちを伝える場として家族が中心となって古希祝いを開くようにすると喜んでもらえるでしょう。

今回は、古希のいわれに触れながら、古希祝いの方法や流れ、お祝い額についてご紹介します。

 

古希のいわれ

70歳の由来

人生の節目に行われるものとして長寿祝いがあります。長寿祝いには、60歳の還暦を始めとして、77歳の喜寿、最も高齢となる108歳の茶寿までありますが、その中の1つとして数え年70歳で迎える古希があります

古希は、元々は古稀と書かれ、その由来は、中国唐代の詩人であった杜甫の曲江詩「人生七十古來稀」からきたものと言われています。

当時は、還暦となる60歳が長寿としての証として捉えられており、ここでは、人が70歳まで生きることは稀なことであると詠んでいます。

現代では70歳を迎える方は若々しく元気な方が多いですが、70歳まで無事に生きることが難しい時代もあったことがわかります。

平均寿命が高くなった現代でも古希を迎えることは素晴らしいことに変わりはありません。これからの長寿を願うとともに感謝や労いの気持ちを伝える場として古希祝いを家族で行いましょう。

 

古希祝いの方法

70歳のお祝い方法

古希のお祝い方法としては、家族で食事会を開いたり、それぞれが用意した贈り物を渡したり、サプライズを贈ったりするのが一般的です

古希祝いのタイミングについては満70歳の誕生日に行う家庭が多いですが、家族の都合が合わない場合には誕生日前後の週末や敬老の日、ゴールデンウィーク、お盆、お正月などに開催する場合もあります。

古希祝いの場所については特に決まりがありませんので、ホテルや旅館などの外食か自宅でホームパーティーを開くかなど選択肢は多くあります。予算や古希の方の体調に合わせて選ぶと良いですね。

ホテルや旅館などでは長寿祝いプランを用意しているところが増えており、ちゃんちゃんこの貸し出しやプロによる写真撮影、料理の部屋出しなど普通のホテルや旅館にはないサービスを受けることができます。

そのようなプランが用意されているホテルや旅館を選ぶ際には、どのようなサービスが準備されているのか予約時に確認してみましょう。

プレゼントを贈る場合は、一般的に時計やフォトフレーム、お酒、茶碗などにご本人の名前やメッセージを入れることができる「名入れギフト」を選ぶ方が増えています。

しかし、それぞれの地域によって長寿祝いの慣習が決まっているところもありますので、事前に調べることも大切になります。

 

古希祝いの流れ

古希祝いの食事会

古希祝いに関しては、まず、本人による主催か、子供たちが主催するのか、また、第三者が主催をするのかによっても内容が異なってきます。

本人による主催の場合には、一般的には本人の誕生日に合わせて準備をすることになり、当日は会場の入り口で、本人、配偶者、子供などが招待客を迎えることになります。また、進行に関しては本人の挨拶から始まることになります。

子供たちが主催をする場合には、ごく内輪のみになることも多く、この場合、あまり形式にはこだわらず食事や歓談が中心となり、本人の自宅で行われることもあります

第三者が主催の場合には、通常、会費制となることも多く、ここでは、本人と配偶者を主客として招待する形態となります。祝宴は進行役が進めることになり、最初は招待客からの祝辞が贈られることになります。

 

古希祝いのお祝い額

古希のお祝い額の相場

古希祝いで悩む内容として、お祝いの額があります。相場としては、まず、贈る相手が両親の場合には、10,000~100,000円程度が相場となっています

また、祖父母の場合では10,000~30,000円程度、親戚や、第三者として招待を受けた場合には5,000~20,000円が相場となります。

ただし、ここでの金額は地域によっても違いがあり、特に第三者として招待を受けた場合には付合いの度合いによっても変わるために、事前に確認をしておく必要があります。

のしに関しては、表書きは「古希御祝」「祝古希」「御古希御祝」の中から選ぶようにし、水引は紅白か、金銀の蝶結びのものを使用するようにします。

70歳の古希祝いとプレゼントについて