70歳の古希の贈り物で喜ばれるもの

最終更新日:2018/10/19
古希のお祝いと贈り物

古希のお祝いと贈り物

一昔前70歳まで生きている方は珍しかったということもあり、古希のお祝いもとても盛大でした。しかし今は、平均寿命も伸び人生90年時代も現実味が帯びてきました。そういうわけで昔と今は状況が変化しているので、70歳が珍しいということは少なくなりましたし、昔ほど意識して盛大に祝うということもなくなっています

これは前述の通り、日本人の平均寿命が延びているというのが大きな要因の一つとなっているのですが、男性では77歳の喜寿のお祝いをする人が多くなっていますし、女性では88歳の米寿のお祝いも、平均寿命からするとかなり多くの人が到達できるということです。

でも、仕事が忙しいまま迎えた還暦のお祝い後、前後での定年退職があり、再雇用制度でのお務めも終了し、65歳以降となると、古希は初めての長寿のお祝いとなるのですから、周りの人は盛大に祝福したいものです。

古希の贈り物に紫色

そこで、贈り物は何にするかということですが、色については昔から紫を基調とすることが一種の約束事になっていますので、品物にもよりますが、紫を意識した方がより長寿のお祝いらしくなります。

肝心な品物ですが、昔に比べると今は実に様々な商品が販売されていますので、セレクトもすごく難しくなっている状況です。しかも必要なものはご本人が持っているという状態も多いのが現実です。

そこで、消費するものが中心となり、珍しいお酒という具合になり、そこに似顔絵や贈る側のメッセージを添えるというようなプレゼントをおすすめします。コーヒーや紅茶がお好きな人には、変わり種や王室ご用達といったものも喜ばれます。

消費するのもでなくても、おしゃれ着や帽子なども喜んでもらえます。ご本人が欲しいと思っているものをそれとなく探り出すのが一番のポイントになりますが、品物が決まったのであれば、少し派手なもの、おしゃれっぽいものがいいでしょう。

何だかんだと言っても、ご本人は自分の歳を気にして、身に付けるものは地味なものを選びがちになるからです。もちろん、例外の人もいますが、一般的には遠慮気味になるということです。

でも、実際はいつまでも若く見られたいという願望があるので、派手なものやおしゃれなものに興味が強くあるのです。最近は街を歩いていてもおしゃれを意識されている高齢の方も多いです。このあたりを配慮しながら、紫基調でお祝いすると、いつまでも大事にしてもらえますし、とてもいいお祝いの贈り物になるでしょう。

プレゼントをあげる際はぜひ一言メッセージを添えて、感謝の気持ちを伝えてくださいね。