70歳の長寿祝い古希に贈る記念に残るプレゼント

古希祝いの記念写真

古希祝いの記念写真

若々しい方が多い70歳は現在では長寿という認識は薄くなっていますが、人生の節目の一つであることに変わりはなく、きちんとお祝いしてあげることが望ましいです。

プレゼントにも人生の節目をお祝いするのにふさわしいものを贈れば喜んでもらえるでしょう。特に、記念に残るプレゼントを贈れば古希祝いの日のことをいつまでも振り返ってもらうことができ、忘れられない思い出になります。

今回は、70歳の長寿祝い古希に贈る記念に残るおすすめのプレゼントをいくつかご紹介します。

 

人生の節目の古希をお祝いしよう

まだまだ現役の70歳

長寿のお祝いである「古希」は70歳の節目を祝うお祝いです。今では70歳というとまだまだ元気に現役で過ごしている方も多いかと思われますが、昔は70歳という年齢は大変な長寿であったということです。

例えば江戸時代の寿命でいうと、平均で30~40歳くらいだったともいわれており、日本が長寿国として庶民の寿命が延びたのは戦後からなんだとか。

気持ちも若く、見た目も昔と比べて若くなってきているのが現代の70歳、とはいえ、やはり長寿祝いという伝統に則ったお祝いは出来ることならばしてあげましょう。

こう言った節目節目のお祝いを一人一人が大切にすることで古き良き伝統文化が受け継がれていくことにもつながります。家族で長寿祝いの準備や計画に励むことで、いつの日か自分の子供や孫からもお祝いをしてもらえるようにその心掛けは受け継がれていくでしょう。

 

古希祝いには記念に残るプレゼントを贈ろう

古希のシンボルカラーは紫

そういう意味でも、古希のお祝いのプレゼントは記念に残るような特別なものを用意してあげたいものです。では、記念に残るようなプレゼントとはいったいなんでしょうか。

形に残る実用品

70歳のお祝いで記念に残る贈り物

まず最初に思いつくのが形に残る品物をプレゼントする方法でしょう。古希の祝いのシンボルカラーは紫です。なので紫色の品物をプレゼントするのがシンプルな方法になるでしょう

帽子やカーディガン、シャツ、パンツ、スカーフ、帽子など色の使い方を選べばファッションアイテムにも取り入れられると思われます。シンボルカラーはワンポイントで取り入れるだけでもOKです。

名入れのギフト

お酒やお皿や時計などに言葉・メッセージや名前を刻んでくれるサービスもあります。その日の日付などを残せると、後からその当時の思い出を思い返せることにもなるかもしれません

また、名前やオリジナルのメッセージが入っているとなれば、インパクトもありサプライズをしたい場合には最適です。

例えば、お酒が好きな方には名入れのお酒や焼酎サーバーを、食事をこれからも楽しんでもらいたい場合には名入れのお箸やお茶碗を、自宅で過ごす時間が多い場合には名入れの置時計や掛け時計を、など趣味嗜好やライフスタイルなどに応じて最適な贈り物を贈りましょう。

その他、主役となる方の名前を使ってポエムを贈る名前詩のプレゼントや、本人そっくりの似顔絵にメッセージを添えたプレゼントも人気があります。名前詩や似顔絵はフレームに入れて飾ればインテリアにも活用可能。

名入れギフトにしても名前詩などにしても世界に一つだけのプレゼントになるため、喜びや感動は大きいものになります。

70歳の古希、お祝いを盛大にする逸品

思い出のプレゼント

70歳のお祝いで記念に残る贈り物

また、プレゼントというのは品物だけではありません。一緒に食事したり、旅行をしたり、記念写真を撮ったり、そういったイベント自体も思い出に残るプレゼントになります。

家族や親せきみんなで一緒に旅行をし、食事時にプレゼントをサプライズで贈り、記念写真を撮る、そんな素敵なイベントが出来たら言うことなしです

そんなお祝い方はまさに理想的ですが、もちろん規模が大きいお祝いをすることが良いことという訳ではありません。大切なのは、お祝いの気持ちがしっかりと相手に伝わることです。

そのためには相手が何を望んでいるか、期待しているかをよく掴んでおくことが大切です。

思い出の古希祝いにしよう