70歳になった家族を祝う古希に似合うプレゼントの数々

最終更新日:2018/10/19
古希を祝うプレゼント

古希を祝うプレゼント

70歳の誕生日を迎えた場合、日本では「古希のお祝い」として盛大に行うことも古くから行われている内容です。

そもそも長寿を祝う儀式「年祝い」は、奈良時代から徐々に庶民に広がるようになり、そのころは40歳から10歳ごとにお祝いしていたようです。

そこから現在までに「60歳の還暦」「70歳の古希」「77歳の喜寿」・・と満年齢60歳(数え年で61歳)からお祝いするようにだんだん時代が変化してきました。

「古希」も長寿のお祝いごととして非常にめでたい日になり、本来であれば数え年で計算する方法になりますが、現在では満70歳の誕生日に合わせてお祝いすることも一般的な風習として行われている方法です

そういう特別な年齢ということもあり、古希の場合他の誕生日とは異なり、プレゼントを充実させることも一つのポイントです。一般的には紫色のアイテムを選ぶ方法が主流ともされているのですが、色に関しては関わらずに自由に選ぶことも間違いではありません。

プレゼント選びで困っている方のケースでは、インターネットで検索をしてみると、古希祝いに特化したアイテムを取り揃えているサイト(専門店)を見つけることもできます。代表的なものでは、名入れ商品などが人気を得ていて、例えばグラスや食器類、箸や茶碗なども用意されています。

インターネットで検索

名入れのラベルを用いたお酒なども販売されていて、該当者の好みのお酒を選べるように配慮しているサイトまで存在しています。

プレゼントは非常に範囲が広く、名前を使った詩を作成する方法、似顔絵を活用したイラストをオリジナル商品として販売しているサイトまであり、世界に一つのアイテムとして用いることができます。

古希祝いでも、一般的なプレゼントでも対応することも不可能ではなく、例えば衣類などを贈る方法や下着類などを贈る方法、アクセサリーや時計、財布など身近な生活で使用することができるものを選ぶ方法も用意されています。

70歳の古希の場合では、身体的に無理をできない方が多く存在しているので、ハードなスケジュールなどは無理が生じてしまいます。しかし、家族揃って温泉旅行に出掛けたり、特別な食事などを行う方法もあり、アイデアによってプレゼントは選び放題になります

本人の趣味趣向に合わせることもおすすめになり、カタログギフトなどを準備して本人に選んでもらう方法もありますが、現在ではインターネットからヒントを得ることも良い方法です。