古希祝い

古希とは?古希祝いとは数え年で70歳を祝うこと

更新日:

古希祝いは70歳

古希というワードを聞いて、古希とはどのようなお祝いなのかと思ったことはないでしょうか。長寿祝いの中でもとくに有名なのは還暦ですが、古希も長寿祝いの一つであり人生の節目です。

古希とはどのようなお祝いなのかを知っておくと、祖父母や両親など身近な方が古希を迎える際に準備がスムーズにいくかもしれません。

今回は、古希とはどのようなお祝いなのかに触れ、喜ばれる古希祝いの方法についてご紹介します。

 

古希とはどんなお祝い?

70歳のお祝いとはどのようなお祝い?

古希とは、数え年で70歳のことです。ですから古希祝いとは、その歳を迎えられた方をお祝いすることになります。

これまで長く生きてこられたことを喜びつつ、これから先も心身共に元気で、健康でいられることを家族や親戚、友人などでお祝いすると言う意味合いが込められています。

日本の伝統の慣例ということで身構えてしまいがちですが、特別古希祝いだからと言って絶対にこれをしなければならないと言うことはありません。

だからこそ反対に言えば、様々な工夫をして、オリジナリティーある特別なお祝いすることができます

 

古希祝いに工夫を!喜ばれるお祝いの方法

70歳のお祝いで喜ばれるお祝い方法

古希祝いに喜ばれるお祝いをしたい場合、どういった方法があるのでしょうか。ここでは工夫を加えたお祝いの方法を見ていきましょう。

特別なプレゼントの用意

古希には紫色の小物を贈る

お祝いに工夫を加えるというところで、まず取り掛かれるのがプレゼントの用意です。何を贈れば良いのか迷った場合は、古希を迎えられるご本人に聞いてみるのがいちばんです。

ご本人は遠慮されるかもしれませんが、ここはせっかくのお祝いなので、できるだけ遠慮せず、本音を答えてもらえるように努力するのが望ましいです

そして、好みや趣味などを聞いたうえで自分で最適なものを選ぶのも良いですし、サイズなどがわからないと贈りづらい洋服やシューズをプレゼントする場合には一緒に買い物に行くのも思い出に残るでしょう。

ちなみに一般的には、古希を象徴する色が紫色であるため、紫やラベンダーの色をとりいれた物を贈るのが良いとされています。

ですから普段の生活の中で使えるようなものであり、古希カラーの紫色を取り入れた衣類や小物類、和食器などを選ぶと良いかもしれません

そうした物に、古希を迎えられた方の名前などを入れれば、特別感が増し、より古希祝いのプレゼントとしてはふさわしい物になることが期待できます。

そちらについては、ネットショップで「名入れギフト」という商品が販売されていますので、ぜひ検索されてみてください。名前やメッセージを入れることができるアイテムは数多くありますので、実用的であるとともに古希の方の思い出に残るような素敵なアイテムを選んでみましょう。

70歳の古希に合った贈り物は?みんなが贈っている古希祝いプレゼントをご紹介

体験・思い出を贈る

思い出・体験のプレゼント

また物を贈るのではなく、体験や思い出を贈ると言うのも最近では増えてきているようです。

たとえば、贈られた本人が希望の商品を選ぶことができるカタログギフトをプレゼントしたり、旅行をプレゼントしたりすると言う具合です。

また離れて暮らしている家族などの場合でしたら、これを機に一堂に集まり、みなで食事をすると言うのも思い出作りとなります。食事会の場所については特に決まりはありませんので、古希の方の体調や予算などを考慮しながら自宅で行うか、レストランやホテルなどの外で行うか検討しましょう。

その際には写真を撮影しておくと、その時間を思い出に残すことができるので、それも良いプレゼントとなります。後日、その写真を名入れのフォトフレームや手作りのアルバムなどに入れてプレゼントすると、オリジナリティも出てきて喜ばれるでしょう。

思い出の古希祝いにしよう!最高の一日にするための演出方法

 

古希祝いで大切なこと

70歳のお祝いで大切なこと

古希を迎えられる人、またお祝いをする人、それぞれの状況などによってどのようにお祝いするのが最適なのかは異なってきます。

だからこそ、最も大切なのはお祝いしたいと言う気持ちです。お祝いされる人が恐縮したり、気を使い過ぎてしまわないよう、無理のない範囲で楽しくお祝いすることが求められます。

これまでの感謝や労いの気持ち、そしてこれからも元気でいてほしいという願いを込めて、心のこもった贈り物やお祝いの時間をプレゼントしましょう。

70歳の古希に古希祝いにしてあげたいこと

-古希祝い

Copyright© 古希のお祝い屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.