70歳の古希祝いとプレゼントについて

最終更新日:2019/04/19
古希の祝い方とプレゼント

古希の祝い方とプレゼント

70歳をお祝いする古希祝い。大切な方が70歳を迎えるため、古希祝いの準備を進めたいと思っているという方もいるでしょう。

ただ、どのようなお祝い方法を取るのが望ましいのか、プレゼントには何を贈ると良いのか、などお祝い方法やプレゼントの内容について悩まれる方は少なくありません。できれば喜ばれ、思い出に残るような古希祝いにしたいですよね。

そこで、今回は70歳の古希祝いの方法や、古希祝いに贈るプレゼントの内容、プレゼントの相場についてご紹介します。

 

70歳の古希祝いの方法

70歳の古希のお祝い方法

長寿の祝いは元来、年祝いとされており、長寿に達したことを喜び、それを記念する儀礼として行われています。お祝いは、節目となる年齢に達した場合に行われ、よく知られているものには「還暦」などがありますが、その中の1つに「古希」があります。

古希は、数え年70歳に行われるお祝いとなり、還暦では赤いちゃんちゃんこを贈る習わしとなっていますが、ここでは、紫色がしきたりとなります。

古希を含めて長寿祝いにおいては、多くはお祝いの席が設けられ、形態としては、本人が主催をする場合と、子供たちが主催をする場合、第三者が主催をする場合の3つが用いられています。お祝いの席では、本人に対して贈り物をプレゼントすることになりますが、当日参加できない場合には、遅くとも前日までに届くようにすることが礼儀となります。

 

古希のプレゼントの内容について

古希に喜んでもらうには

古希祝いの際には、お祝いムードを高めるとともに気持ちを伝えるためにプレゼントを用意する方が多いかと思います。古希祝いにどのようなプレゼントが選ばれているのか、チェックしましょう。

本人が欲しいものや喜ぶものを贈るのが一般的

70歳のお祝いのプレゼントの内容

プレゼントを贈る場合には、どのようなものを送ったらよいのか悩む場合があります。しきたりでは紫色を使用することになりますが、現在においてはあまりこだわる必要はなく、ここでは、本人が喜ぶことや、心に残ることに配慮をして選ぶことが大切なことになります

プレゼントが決めかねる場合には本人に、どのようなものが欲しいのか確認をすることも1つの方法となり、この場合、相手が望むものを贈ることができるために、本人にも喜んでもらえることになります。

贈り物は、これまでは、一般的なものとして、花束や衣服、マッサージ器、本人の趣味に関係のあるものなどが選ばれていましたが、現在では多様化しており、例えば、家族の写真を整理してアルバムとして贈ったりすることも行われています。

記念に残るものも人気

70歳のお祝いのプレゼントの内容

本人の人生において節目となった時代の新聞スクラップを整理して贈ることも記念となり、工夫を凝らすことで、より心に残るものとなります

また、記念に残るものとしては名入れグッズのほか、名前を使った詩(名前詩)や似顔絵のプレゼントも記念品として古希祝いに人気があります。

ちなみにインターネットで検索すると、長寿祝いのプレゼント専門店で、お祝いされる方が生まれた年の新聞(70年前の新聞)が付いた名入れ酒などいろいろなプレゼントが販売されています。ぜひいろいろなプレゼントを検討してみてください。

70年前の誕生日新聞付き古希メッセージラベル

旅行などもおすすめ

70歳のお祝いのプレゼントの内容

ご両親やおじいちゃん・おばあちゃんなど身近な方が古希を迎えるとなった場合には、旅行や食事会など家族の思い出を作れるプレゼントもおすすめ。

古希を迎える年齢になると生活に必要なものは一通りそろっており物欲がなくなるという方も少なくありません。そのような場合には、物にこだわらず思い出に残る旅行などのプレゼントを古希祝いに検討しましょう

旅行を古希祝いに贈る場合には、古希を迎える方の行きたい場所を優先し、もし特定の旅行先が思い浮かばない場合には家族や親戚と相談して決めましょう。その際、70歳という年齢を考慮して、できれば近場の旅行先を選ぶのをおすすめします。

最近では、長寿祝い用のプランを備えているホテルや旅館も増えているので、家族水入らずの時間を過ごしたい、記念撮影やちゃんちゃんこの貸し出しなど特別なサービスを受けたい、という場合には予約時に検討してみましょう。

 

古希祝いのプレゼントの相場

古希のプレゼントの予算

古希をお祝いするのに欠かせないプレゼントですが、気になるのが相場です。

古希のプレゼントは、住む地域や贈る相手、親しさの度合いによっても異なってきますが、招待を受けた場合には、ある程度の相場を事前に確認をしておく必要があります。

親戚からの招待の場合には5,000~20,000円程度が相場となり、第三者としての招待の場合には5,000~10,000円程度が相場金額となっています

古希祝いのプレゼントの相場は「この金額」という決まりはありませんが、不安な場合には1万円程度用意しておけば安心してプレゼントを選ぶことができます。

70歳を迎えた方へ古希祝いにオススメ