70歳の古希祝いに向いたプレゼントとは

最終更新日:2018/10/19
古希祝いに適したプレゼント

古希祝いに適したプレゼント

人生の節目はいくつか存在しますが、そのときには周りからお祝いされることが日本の風習として今でも根付いています。

しかし、七五三や成人のお祝い、また還暦のお祝いは周囲からも祝ってもらえることが多いのですが、70歳からの長寿のお祝いは、忘れられてしまうこともあります。

しかし、せっかく長生きしているのですから、ぜひ周囲の人たちはお祝いをしてあげたいところです

また、長寿のお祝いを大人がしっかりお祝いしてあげることでそれを体験したり見聞きした子供や孫が、この日本伝統の文化を引き継いでくれるという大事な意味合いもあります。

さて古希を迎える70歳ともなると、なかなか何をプレゼントしてあげれば喜んでもらえるか、悩むところです。しかし、人間70歳ともなれば、もので喜ぶというよりは、その心が大事だと言えるのではないでしょうか。

ですので、あまり深く考えるよりは、本人が純粋に好きなものや、思いが伝わるようなものを選ぶだけでも良いのです。

例えば、お酒が好きであれば、お酒の瓶にオリジナルのラベルを作成してくれるサービス・ショップも存在します。

オリジナルのラベルに、本人の名前を入れてあげたり、ちょっとしたメッセージを加えるだけで、他にはない世界にひとつだけの思いのこもったプレゼントができます。

そのときに、ラベルの色や瓶の色を、紺色や紫にすると良いでしょう。何故ならば、長寿のお祝いには、それぞれに相応した色というものが存在します。

還暦のお祝いには、赤いちゃんちゃんこが有名です。同じく古希には、紺か紫がお祝いの色として相応しているのです。

折角の古希祝い気をつけたいこととは?

気をつけたい古希祝い

また、選ぶときに気を付けたいのが、年相応のものを選ぼうとしないことです。どういうことかというと、長寿のお祝いに込める思いは、いつまでも若々しくいてくださいという思いです。

ですので、年齢を感じるようなもの、老いを感じさせるものは意図と反するものであり、ふさわしくありません。

もし何をあげたらよいか全く見当がつかない、という方がいらっしゃるならば、カタログギフトをプレゼントするのをおすすめします。

カタログギフトならば、本人が様々な商品の中で好きなものを選べるので、本人が好きなものが分からなくてプレゼントしたものが気に入られないのであれば、好きなものを選択できる方が良いです。

中には旅行を選べるギフトもありますので、旅行が好きな方にはおすすめです。