70歳を祝う長寿祝いの古希にしたい古希祝いのいろいろな方法

最終更新日:2018/02/03
古希と長寿祝い

古希と長寿祝い

日本に長く伝わる伝統の長寿祝いというと、60歳の還暦、77歳の喜寿、80歳の傘寿、88歳の米寿、90歳の卒寿、99歳の白寿、100歳の百寿(紀寿)など様々ありますが、その中で70歳を祝うのが古希になります。

昨今日本の平均寿命も80歳台になっているので、今の感覚でいうと60歳や70歳を長寿と捉えにくいかもしれません。現代では60歳や70歳の方でもとても元気に過ごしている方が多くいます。

昔は60歳からでも長寿とされていましたし、昔から比べるとそれだけ現代の方は年齢よりも若々しく過ごしているということです。

ただまだまだ元気でいるとはいえ、古き良き日本の伝統に沿って古希祝いをするのも文化の継承として大切なイベントです。これからも出来るならば健やかに過ごしてほしいという願いを表すためにも古希祝いはしっかりとしてあげるのが良いでしょう。

古希の祝い方

古希祝いにホームパーティー

古希祝いはどのように行うかというと、それは各家庭によって様々です。古くからの伝統は古希のメインカラーである紫色のちゃんちゃんこをあげるというやり方が定番ではあります。

たださきほどお伝えした通り、60・70歳でも若々しい方が多いことを考えると、そういった形式にとらわれずに相手に合わせた相手の喜ぶようなイベントやプレゼントを計画してあげるのが良いでしょう。

お祝いの舞台にする場所もいろいろなシチュエーションが考えられます。自宅でアットホームなパーティを開く方法や、レストランや料亭で食事会をする方法、旅行などに行って旅先で祝うという方法もあります

ご本人にとってどのような舞台が一番喜ばれるのかをよく考え、さらに体調を一番に考慮して、お祝いの舞台準備をしていきましょう。

なにはともあれ、古希のお祝いをセッティングすること自体がプレゼントにもなることは間違いないです。古希祝いをするにあたって大事なのは、これまで生きてくれたことに関する敬意や感謝を精一杯の真心を込めて相手に伝えることなのです。

家族や親せき、あつまったみんなが心からお祝いしたいという気持ち。その気持ちを伝えることが出来たら、相手にとっても何よりのプレゼントになるでしょう。

こうした一連のイベントを家族で行うことで、子供世代や孫世代にどんどん受け継がれていくことになりますので、そういう意味でも長寿祝いは大事なお祝いですね。

人に対する敬意や感謝を大切にする心を伝えていくためにも、これからも日本伝統の「年祝い」は大切にしていくべきです。