70歳の古希祝いとプレゼントについて

古希の祝い方とプレゼント

古希の祝い方とプレゼント

長寿の祝いは元来、年祝いとされており、長寿に達したことを喜び、それを記念する儀礼として行われています。お祝いは、節目となる年齢に達した場合に行われ、よく知られているものには「還暦」などがありますが、その中の1つに「古希」があります。

古希は、数え年70歳に行われるお祝いとなり、還暦では赤いちゃんちゃんこを贈る習わしとなっていますが、ここでは、紫色がしきたりとなります。

古希を含めて長寿祝いにおいては、多くはお祝いの席が設けられ、形態としては、本人が主催をする場合と、子供たちが主催をする場合、第三者が主催をする場合の3つが用いられています。お祝いの席では、本人に対して贈り物をプレゼントすることになりますが、当日参加できない場合には、遅くとも前日までに届くようにすることが礼儀となります。

古希のプレゼントの内容について

古希に喜んでもらうには

プレゼントを贈る場合には、どのようなものを送ったらよいのか悩む場合があります。しきたりでは紫色を使用することになりますが、現在においてはあまりこだわる必要はなく、ここでは、本人が喜ぶことや、心に残ることに配慮をして選ぶことが大切なことになります。プレゼントが決めかねる場合には本人に、どのようなものが欲しいのか確認をすることも1つの方法となり、この場合、相手が望むものを贈ることができるために、本人にも喜んでもらえることになります。

贈り物は、これまでは、一般的なものとして、花束や衣服、マッサージ器、本人の趣味に関係のあるものなどが選ばれていましたが、現在では多様化しており、例えば、家族の写真を整理してアルバムとして贈ったりすることも行われています。

古希のプレゼントの予算

また、本人の人生において節目となった時代の新聞スクラップを整理して贈ることも記念となり、工夫を凝らすことで、より心に残るものとなります。

ちなみにインターネットで検索すると、長寿祝いのプレゼント専門店で、お祝いされる方が生まれた年の新聞(70年前の新聞)が付いた名入れ酒などいろいろなプレゼントが販売されています。ぜひいろいろなプレゼントを検討してみてください。

古希のプレゼントは、住む地域や贈る相手、親しさの度合いによっても異なってきますが、招待を受けた場合には、ある程度の相場を事前に確認をしておく必要があります。親戚からの招待の場合には5,000~20,000円程度が相場となり、第三者としての招待の場合には5,000~10,000円程度が相場金額となっています

70歳古希祝いの贈り物の選び方。

古希祝いの贈り物の選び方

古希祝いの贈り物の選び方

誕生日は毎年やってくるものですが、長寿のお祝いは人生に一度きりです。ですので、心のこもったステキな贈り物をしたいものですよね。

今回は70歳古希のお祝いでどういったプレゼントをあげたらいいのか、いろいろと紹介していきたいと思います。

まずは予算ですが、子どもから両親へのお祝いは二万円から三万円くらい、孫から祖父母へは一万円から三万円くらい、親族なら五千円から一万円くらいが相場です。

人気の贈り物は湯飲みやお箸、時計、上等なタオルなどの実用品ですが、ご自分では買わないような高級なタイプの物を贈ると喜ばれることが多いです

特に古希のお祝いのテーマカラーである紫が入った物を選ぶとより良いです。

お相手が女性ならネックレスやブローチ、腕時計、バッグ、傘やスカーフなどのファッション小物やお花が人気です。特にお花はどれだけ頂いても嬉しい物ですから、物で迷った場合はこちらを選んでみてはいかがでしょうか。

そのお花については、生花だと水やりなどの管理が必要ですぐ枯れてしまうというデメリットがありますが、今は手入れ不要のプリザーブドフラワーというお花が人気ですので、そちらをチョイスするのもおすすめです。

古希祝いに家族で温泉旅行

物は他の方のお祝いと重なったり、同じような物を他にも持っていそう、と考えの方は温泉旅行などがお勧めです。

その際は家族や親族、古希の方が親しくしている親族の方々も一緒に行くと喜ばれます。普段なかなか会えない兄弟や孫、子供達と過ごす時間は最高の贈り物となりますし、元気なうちに旅行など特別なイベントで思い出を作ることもすばらしいことです。

日にちや時間を合わせるのが難しい場合は体験ギフトがお勧めです。高級ホテルのディナーやランチ、クルーズディナーなどが人気です。

甘いものがお好きな方には、お誕生日でもあるのですからケーキがお勧めです。最近はケーキにオリジナルのメッセージを入れたり、中には似顔絵を描いてくれるところもあります。洋菓子が苦手な方には和菓子のバースデーケーキ風のお菓子もあります。

最近は高性能の敷き布団が沢山出回っています。身体の不調が色々と出てくる年齢ですから、心地よい眠りをサポートしてくれる機能性敷布団を贈る方も増えています。体に負担をかけなくて暖かい、上等な羽根布団もお勧めです。

どうしても悩んだら最終的に現金でもOKです。熨斗袋は紅白や金銀の蝶結びされた水引のかかったタイプを選びます。表書きは「祝古希」「古希御祝」単に「御祝い」、などが一般的です。

70歳の古希に合った贈り物は

古希とお祝いと

古希とお祝いと

長い人生を生きていると、周囲からお祝いされるタイミングがいくつか出てきます。誕生日は一年に一回のお祝いですが、それ以外にも七五三や成人のお祝い、還暦のお祝いなど、年齢的な節目にもお祝いをする風習が、日本では昔から行われてきました。

そして、還暦以降の長寿のお祝いは、7年から10年おきにやって来ます。今は核家族化が進み、なかなか両親と一緒に住んでいないことが多くありますが、このときばかりは家族で集まってお祝いをしたいところです

ところが、70歳の古希のお祝いともなると、何が贈り物として合ってあるのか分かりづらい面もあります。長く生きていると物欲もなくなってくるものですから、喜んでもらえるものが難しくなってくるのです。

そこで注目したいのが、周りの人たちが古希のお祝いに、どのようなものをプレゼントしているかです。

皆が贈っているプレゼントを紹介

古希の贈り物にお酒

近年贈り物として良く利用されているのが、名前や似顔絵、メッセージを入れたオリジナルの製品です。例えばお酒をプレゼントする時も、単に良さそうなお酒をプレゼントするのではなく、オリジナルのラベルを作成してくれるサービスを利用して贈ることが人気を集めています

ラベルに、「ありがとう」「感謝」「いつまでも元気で」など感謝の言葉を入れたり、ご本人の名前を入れたりすることで、プレゼントをされた本人にも思いが伝わり、心に響くものがあります。

また、ラベルの色も古希に相応した紺や紫を使用すると、なお良いでしょう。ラベルが難しい場合は、包装などにこのような色を取り入れるのも古希らしい良いプレゼントになります。

ちなみに、この名入れ酒の商品に、本人が生まれた日の新聞などがサービスでついてくるお店などもありますので、いろいろと探してみてください。

古希に感謝の言葉を

またお酒以外にも、フォトフレーム、パーカー&Tシャツ、タオル、茶碗・湯呑、箸置き、ボールペンなどなど、自由にメッセージなどを入れてオリジナリティのあるプレゼントに仕上げるサービスが、今ではたくさんあります。

長寿のお祝いだけではなく、こうやって日頃の感謝や伝えたい思いを言葉にして贈ることで、そこに感動が生まれるのです。

普段はなかなか口に出して言えないようなことも、このようなサービスを利用することで伝えやすくなりますね。家族みんなでお祝いしてあげて、また次の日お祝いができるように、これからも元気に長生きをしてもらいましょう。

70歳を祝う長寿祝いの古希にしたい古希祝いのいろいろな方法

古希と長寿祝い

古希と長寿祝い

日本に長く伝わる伝統の長寿祝いというと、60歳の還暦、77歳の喜寿、80歳の傘寿、88歳の米寿、90歳の卒寿、99歳の白寿、100歳の百寿(紀寿)など様々ありますが、その中で70歳を祝うのが古希になります。

昨今日本の平均寿命も80歳台になっているので、今の感覚でいうと60歳や70歳を長寿と捉えにくいかもしれません。現代では60歳や70歳の方でもとても元気に過ごしている方が多くいます。

昔は60歳からでも長寿とされていましたし、昔から比べるとそれだけ現代の方は年齢よりも若々しく過ごしているということです。

ただまだまだ元気でいるとはいえ、古き良き日本の伝統に沿って古希祝いをするのも文化の継承として大切なイベントです。これからも出来るならば健やかに過ごしてほしいという願いを表すためにも古希祝いはしっかりとしてあげるのが良いでしょう。

古希の祝い方

古希祝いにホームパーティー

古希祝いはどのように行うかというと、それは各家庭によって様々です。古くからの伝統は古希のメインカラーである紫色のちゃんちゃんこをあげるというやり方が定番ではあります。

たださきほどお伝えした通り、60・70歳でも若々しい方が多いことを考えると、そういった形式にとらわれずに相手に合わせた相手の喜ぶようなイベントやプレゼントを計画してあげるのが良いでしょう。

お祝いの舞台にする場所もいろいろなシチュエーションが考えられます。自宅でアットホームなパーティを開く方法や、レストランや料亭で食事会をする方法、旅行などに行って旅先で祝うという方法もあります

ご本人にとってどのような舞台が一番喜ばれるのかをよく考え、さらに体調を一番に考慮して、お祝いの舞台準備をしていきましょう。

なにはともあれ、古希のお祝いをセッティングすること自体がプレゼントにもなることは間違いないです。古希祝いをするにあたって大事なのは、これまで生きてくれたことに関する敬意や感謝を精一杯の真心を込めて相手に伝えることなのです。

家族や親せき、あつまったみんなが心からお祝いしたいという気持ち。その気持ちを伝えることが出来たら、相手にとっても何よりのプレゼントになるでしょう。

こうした一連のイベントを家族で行うことで、子供世代や孫世代にどんどん受け継がれていくことになりますので、そういう意味でも長寿祝いは大事なお祝いですね。

人に対する敬意や感謝を大切にする心を伝えていくためにも、これからも日本伝統の「年祝い」は大切にしていくべきです。

70歳の古希に古希祝いにしてあげたいこと

70歳を家族で祝う

70歳を家族で祝う

70歳というと、子供が独立しており、孫などに囲まれて生活をしているという人も多いことでしょう。還暦を祝ってもらってから10年、毎日の生活で十分心は満たされているとしても、やはりお祝い事はうれしいものです

誕生日を家族やまわりに祝ってもらったり、敬老の日などにも敬ってもらうことができたりすることはもちろんのことですが、節目になる年齢で長寿の祝いをしてしてもらうというのも特別な気持ちになるものです。

そこで古希祝いにしてあげると喜ばれるようなことを考えてみましょう。やはり長寿のお祝いというのは、子供や孫などの取り巻く人々にお祝いをしてもらうとうれしいことでしょう。

普通の誕生日とは違って、心に残るようなことをしてあげたいものです。

一緒に思い出に残る事を

古希のお祝いに温泉旅行

思い出に残る古希祝いとしては、一緒に食事をするような会を開いてもらったりするのもうれしいことですし、温泉旅行などに一緒に出掛けてみるというのもいいでしょう。

さらには周りの人たちとの写真を撮ったりして、その時にしか撮ることができない写真を残すようにしてもいいでしょう。

また、豪華なレストランを予約してあげたりして、普段行くことができないようなところで豪華な食事を計画してあげたり、旅行でも海外などで行ったことがないようなところに行くことができるように予約をしてプレゼントをしてあげるのもいいでしょう。

プレゼントも嬉しいもの

家族で古希のお祝い

思い出づくりのほかにも、品物で残るものを贈ることを考えてみてもいいでしょう。

自分では買えない、買わないような高級なブランドバッグを贈ってみたり、時計やアクセサリーなどの普段身に着けることができるものを選んでみたり、体を気遣って、マッサージ器などにしてみるのもいいでしょう。

またお酒好きなら名前入りのお酒も喜ばれるかもしれませんね。お酒だと今は「名入れ酒」というのものがあり、お酒の瓶のラベルにご本人の名前やメッセージを入れて、世界で一つのオリジナルボトルを贈ることができるのです。これは非常に特別感があります。

少し変わった贈り物としては、健康に気をつけて、さらに長生きをしてもらうためにも人間ドックの受診券を贈るといったものもあります

自分で費用を捻出するとかなり高いこともあるのですが、こういった形で贈るというのもありがたいと思うことでしょう。

このように古希のお祝いに大事なのは気持ちでもあります。これからも長生きしてほしいという気持ちを込めてプレゼントを贈ってください。

70歳の古希祝いに向いたプレゼントとは

古希祝いに適したプレゼント

古希祝いに適したプレゼント

人生の節目はいくつか存在しますが、そのときには周りからお祝いされることが日本の風習として今でも根付いています。

しかし、七五三や成人のお祝い、また還暦のお祝いは周囲からも祝ってもらえることが多いのですが、70歳からの長寿のお祝いは、忘れられてしまうこともあります。

しかし、せっかく長生きしているのですから、ぜひ周囲の人たちはお祝いをしてあげたいところです

また、長寿のお祝いを大人がしっかりお祝いしてあげることでそれを体験したり見聞きした子供や孫が、この日本伝統の文化を引き継いでくれるという大事な意味合いもあります。

さて古希を迎える70歳ともなると、なかなか何をプレゼントしてあげれば喜んでもらえるか、悩むところです。しかし、人間70歳ともなれば、もので喜ぶというよりは、その心が大事だと言えるのではないでしょうか。

ですので、あまり深く考えるよりは、本人が純粋に好きなものや、思いが伝わるようなものを選ぶだけでも良いのです。

例えば、お酒が好きであれば、お酒の瓶にオリジナルのラベルを作成してくれるサービス・ショップも存在します。

オリジナルのラベルに、本人の名前を入れてあげたり、ちょっとしたメッセージを加えるだけで、他にはない世界にひとつだけの思いのこもったプレゼントができます。

そのときに、ラベルの色や瓶の色を、紺色や紫にすると良いでしょう。何故ならば、長寿のお祝いには、それぞれに相応した色というものが存在します。

還暦のお祝いには、赤いちゃんちゃんこが有名です。同じく古希には、紺か紫がお祝いの色として相応しているのです。

折角の古希祝い気をつけたいこととは?

気をつけたい古希祝い

また、選ぶときに気を付けたいのが、年相応のものを選ぼうとしないことです。どういうことかというと、長寿のお祝いに込める思いは、いつまでも若々しくいてくださいという思いです。

ですので、年齢を感じるようなもの、老いを感じさせるものは意図と反するものであり、ふさわしくありません。

もし何をあげたらよいか全く見当がつかない、という方がいらっしゃるならば、カタログギフトをプレゼントするのをおすすめします。

カタログギフトならば、本人が様々な商品の中で好きなものを選べるので、本人が好きなものが分からなくてプレゼントしたものが気に入られないのであれば、好きなものを選択できる方が良いです。

中には旅行を選べるギフトもありますので、旅行が好きな方にはおすすめです。