古希祝いの歴史と文豪の逸話

古希祝いに初の海外旅行

古希祝いの始まりは室町時代

昔は70歳おろか「還暦」の60歳すらもそうとうな長生きでした。そのため、古代中国では40歳から10年ごとに長寿を祝っていた時代もあったようです。その習慣が日本にも伝わり、次第に寿命が延びていった後も、 還暦後10年目の70歳を祝う習慣は残りました。

但し、実際に「70歳=古希祝い」とされたのは 、室町時代の頃ではないかとされています。「古希」の「古」は、古来の「古」、「希」は「まれ」と読み、 めったにはない珍しいことの意。つまり「古希」とは、「珍しいほどの長生き」ということです。

ちなみに昔は「数え年」(生まれた年を1歳とかぞえる)でお祝いしていましたが、昨今はみなさんが意識せずに使用している「満年齢」でお祝いする方が多くなっています。

また「古希」にはシンボルカラーがあり、それが紫色になります。飛鳥時代、聖徳太子が定めた「冠位十二階」という冠位・位階の制度では、黒や黄色、赤、青など様々な色がある中で、濃紫というのが最高位の色でした。

というのも、その昔ギリシャ・ローマでは王位や最上位を表すのに紫色を使っていたり、その影響で中国も紫を位の高い色として使っていましたので、そもそも昔から「紫」という色は世界的に見ても高貴な色として認知されていたようですね。

古稀にして生涯一度の海外旅行――志賀直哉

古希祝いと文豪と

私小説の神様とも呼ばれる文豪・志賀直哉。文学好きの方でなくても、志賀直哉というその名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

実は、彼の初めての外国旅行体験が古稀を祝う記念旅行でした。

この時、ある新聞社が旅費の提供を申し出たのを断わり、あまつさえ餞別までも断わったというのは、 頑固で清廉な明治人気質の志賀直哉らしいエピソードです。

古希祝いに初の海外旅行

その上、当の新聞社が紙上に連載した、記者による道中記の内容が『面白くするためのでっち上げ』 だったことにも怒り心頭。旅を終えての帰国後、疲労と称してそのまま自宅にこもり、 件の新聞社の人間とは会おうともしなかったとか。その清々しいまでの頑固さはさすがといえます。

しかし、その一方で、当初は半年以上をかけて欧州各地を周る予定だった旅行を半分ほどの3ケ月で切り上げて (それでも、忙しい現代社会から見れば充分に長期旅行ですが…)帰国した理由は、 実はホームシックになってしまったからだとか。

生涯に最初で最後の海外旅行は、世界が認める文豪といえども、 なかなか刺激的な経験だったようです

古希祝いの由来と字の違い

古希は古代中国から日本へ

古希は古代中国から日本へ

「古希」の「古」は、古来の「古」、「希」は「まれ」と読み、 めったにはない珍しいことを意味します。つまり「古希」とは、「珍しいほどの長生き」ということになります。

これは、古の中国の詩人・杜甫の「曲 江」という漢詩の中の次の一節に基づいています。古代中国に生きた思想家・孔子の言葉を表した「論語」の中に『人、齢(よわい)七十、これ稀(まれ)なり』という記述があります

日本の一般庶民にまでこの言葉が伝わった理由としては、やはり詩人・杜甫の存在を忘れるわけにはいきません。とりわけ、世の中が安定していった江戸時代は、人々の間で学問や文芸に対する熱意が高まっていった時期。

論語や漢詩などを読み下せることは、武士だけでなく町人にとっても、教養や「粋(いき)」の証にもなっていきました。そんな時代ですから、ご先祖様の時代から読まれ続けてきた有名な詩人・杜甫のことが知られていないはずがありません。

その漢詩はさまざまな形で多くの人々の目にもふれていきました。かくして古希を祝う習慣は、杜甫の詩とともに 庶民の生活にもすっかり根付いていったのです。

ちなみに、そんな江戸時代の平均寿命は、50歳くらいだったと言われています。もちろんそのころの平均寿命を正確に算出するツールもなかったでしょうし、噂としてそのくらいではないかと言われているのですが、現代の平均寿命よりも30歳近く短いですね。

それゆえに言葉自体は中国から伝わったようですが、長寿をお祝いするという儀式もスムーズに庶民に浸透したのではないでしょうか。

「古稀」か「古希」か?

古希の字について

「こき」と調べれば「古稀祝い」とあったり「古希祝い」とあったり。 いったいどちらが正しいの?と疑問を持たれたことはありませんか。正解から言えば、 「現代社会においてはどちらも正しい」。

本来、古希は中国の故事「人生七十古来稀也」からきているため、 「稀」の字が正しかったのですが、「稀」が常用漢字ではなかったため、1946年の当用漢字制定の際に 「稀」の代用として同じような意味を持つ「希」の字が使われるようになりました。

なお余談ですが、 この2つの漢字、形がよく似ているため、「稀」が「希」の旧字だと勘違いされることもありますが、 それは間違い。「稀」のほうは「のぎへん」が表す通り穀物の状態を指す言葉で、「希」は反物の状態を差す言葉。 つまりその関係は新旧ではなく兄弟か親戚関係といったところです。

70歳で迎える古希のいわれと、古希祝いについて

古希のいわれ

古希のいわれ

人生の節目に行われるものとして長寿祝いがあります。長寿祝いには、60歳の還暦を始めとして、77歳の喜寿、最も高齢となる108歳の茶寿までありますが、その中の1つとして数え年70歳で迎える古希があります

古希は、元々は古稀と書かれ、その由来は、中国唐代の詩人であった杜甫の曲江詩「人生七十古來稀」からきたものと言われています。

当時は、還暦となる60歳が長寿としての証として捉えられており、ここでは、人が70歳まで生きることは稀なことであると詠んでいます。

古希祝いの流れ

古希祝いの食事会

古希祝いに関しては、まず、本人による主催か、子供たちが主催するのか、また、第三者が主催をするのかによっても内容が異なってきます。

本人による主催の場合には、一般的には本人の誕生日に合わせて準備をすることになり、当日は会場の入り口で、本人、配偶者、子供などが招待客を迎えることになります。

また、進行に関しては本人の挨拶から始まることになります。子供たちが主催をする場合には、ごく内輪のみになることも多く、この場合、あまり形式にはこだわらず食事や歓談が中心となり、本人の自宅で行われることもあります

第三者が主催の場合には、通常、会費制となることも多く、ここでは、本人と配偶者を主客として招待する形態となります。祝宴は進行役が進めることになり、最初は招待客からの祝辞が贈られることになります。

古希のお祝い額の相場

古希祝いで悩む内容として、お祝いの額があります。相場としては、まず、贈る相手が両親の場合には、10,000~100,000円程度が相場となっています。

また、祖父母の場合では10,000~30,000円程度、親戚や、第三者として招待を受けた場合には5,000~20,000円が相場となります。

ただし、ここでの金額は地域によっても違いがあり、特に第三者として招待を受けた場合には付合いの度合いによっても変わるために、事前に確認をしておく必要があります。

のしに関しては、表書きは「古希御祝」「祝古希」「御古希御祝」の中から選ぶようにし、水引は紅白か、金銀の蝶結びのものを使用するようにします。

プレゼントを贈る場合は、一般的に時計やフォトフレーム、お酒、茶碗などにご本人の名前やメッセージを入れることができる「名入れギフト」を選ぶ方が増えています。

しかし、それぞれの地域によって長寿祝いの慣習が決まっているところもありますので、事前に調べることも大切になります。

古希祝いとその由来

日本に古希が伝わった歴史

古希の由来

古希とは、年齢で言うと70歳のことを指します。古希は、唐の詩人杜甫の詩・曲江「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」 (酒代のつけは私が普通行く所には、どこにでもある。(しかし)七十年生きる人は古くから稀である) が由来となっている言葉です。

還暦は数えの61歳ですが、古希は数えの70歳のことを言います。そして、長寿祝いにそれぞれ設けられているイメージカラーは、古希の場合紫色になります。この色は、昔から高貴な色とされている色です。

ですので、古希祝いの際に贈るプレゼントは紫色の物を選ぶと喜ばれます。ただ、昨今70歳と言っても若い方が多く、紫という色に対してちょっと「地味」「老い」をイメージする方もいらっしゃるかもしれません。

なので、ご本人がアクティブな方なのか、比較的インドアが好きな方なのか、などその方に応じた色のチョイス、またプレゼントの内容を検討すべきです。

続いて、77歳の祝いを「喜寿」と呼ぶようになった理由を解説します。その理由は「喜」の文字にありました。

「喜」の字を草書体や 略字にすると漢数字の「七」を3つ合わせた形になります。しかし、いくらなんでも777歳という年齢は ありえませんので、「七」が2つの77歳を古希の次の長寿祝いの歳にしようということになったのです。

「古希」の「古」は、古来の「古」、「希」は「まれ」と読み、めったにはない珍しいことの意。 つまり「古希」とは、「珍しいほどの長生き」ということです。これは、古の中国の詩人・ 杜甫の「曲 江」という漢詩の中の次の一節に基づいています。

日本に古希が伝わった歴史

古代中国に生きた思想家・ 孔子の言葉を表した「論語」の中に『人、齢(よわい)七十、これ稀(まれ)なり』という記述があります。 日本の一般庶民にまでこの言葉が伝わった理由としては、やはり詩人・杜甫の存在を忘れるわけにはいきません。

とりわけ、世の中が安定していった江戸時代は、人々の間で学問や文芸に対する熱意が高まっていった時期。 論語や漢詩などを読み下せることは、武士だけでなく町人にとっても、教養や「粋(いき)」の証にもなっていきました。

そんな時代ですから、ご先祖様の時代から読まれ続けてきた有名な詩人・杜甫のことが知られていないはずがありません。 その漢詩はさまざまな形で多くの人々の目にもふれていきました。

かくして古希を祝う習慣は、 杜甫の詩とともに庶民の生活にもすっかり根付いていったのです

古希祝いの基本知識

古希祝いの基本知識

古希祝いの基本知識

古希祝いとは、還暦祝いと同様に高齢者の方の長寿を祝う行事です。

数え年にして70歳、満年齢にして69歳に行うのが従来のしきたりですが、現在は数え年や満年齢にこだわらず、誕生日や敬老の日など特別な日に合わせて行なわれることが多くなってきています

従来の祝い方ではありませんが、そもそも長寿のお祝いには必ず従わなければならない決まりや日程はないので問題ありません。

そんな古希の祝い方は、おおまかに分けて4つの方法が挙げられます。

1つ目の方法は自宅での食事会

2つ目の方法はレストランなど店舗での食事会

3つ目の方法は思い出をつくりやすい温泉旅行

4つ目の方法は古希祝いを象徴するギフトを贈ることです。

古希祝いにギフトという選択肢

それぞれの方法にメリットがあるため、特別に優れているものを指すことはできませんが、比較的簡単な方法は4つ目の方法である贈り物といえます。

一般的に古希祝い用のギフトは多く、容易に入手できるからです。特に昨今贈り物などもネット通販で注文するという方が多く、ネット上にはたくさんの長寿祝いギフトが販売されています。

特にネットで今人気なのが「名入れのプレゼント」です。茶碗やお酒(のラベル)に名前や感謝の言葉を彫刻・プリントできるというものです。

特に古希祝いは紫色がシンボルカラーなのですが、前述の名入れの商品の他、紫色が入った箸やグラスといった小物も贈り物として選ばれています。

またこれらの方法だけでなく、現金や手紙を贈ることも祝う方法に含まれています。

現金を贈るときの相場と注意点

古希祝いで現金の贈り方

古希祝いのための現金の相場は古希を祝う相手との関係や住んでいる地域の風習などで変わるものですが、一般的に相手が両親だった場合、一万円から十万円です。祖父母なら一万円から三万円、親戚なら五千円から二万円、そして友人であれば五千円から一万円となります。

この時の注意点は水引です。長寿のお祝いは何度でも繰り返したいお祝い事なので、紅白か金銀の蝶結びの水引でなくてはなりません

なお、のし袋の表書きには「内祝」か「古希内祝い」と書くことが一般的です。またこのお金に対するお返しは不要です。

手紙については、これといった形式はありません。

素直に祝福の気持ちを言葉につらねて、相手が古希祝いを迎えた事や健康を祈る事等を盛り込んで書いていくだけで十分です。

最後に、現金や手紙を贈る場合、もし金銭的に余裕があれば、紫のお花が入ったプリザーブドフラワーなどをつけてあげると、さらに喜ばれますよ。

古希は70歳のお祝い、紫色がテーマカラー

古希のテーマカラーは紫

古希の由来と中国

古稀祝いとは数え年で70歳、満年齢69歳に行なわれてきた長寿の祝いです。

中国を代表する唐時代の詩人・杜甫がつくった詩に「人生七十古来稀」という一節がありますが、これこそが古稀祝いの由来だと言われています

一般的に長寿の祝いは数え年100歳までが認識されており、数え年61歳でおこなわれる還暦祝い、数え70歳の古稀祝い、数え77歳の喜寿祝い、数え80歳の傘寿祝い、数え88歳の米寿祝い、数え90歳の卒寿祝い、数え99歳の白寿祝い、そして数え100歳の紀寿もしくは百寿祝いとなっています。

なお数え100歳より先の長寿の祝いもあり、数え108歳の茶寿祝い、数え111歳の皇寿祝い、数え120歳の大還暦祝い、数え250歳の天寿祝いという順序になっています。

このように昔から長寿を祝ってきたしきたりですが、昔は数え年でおこなってきた祝い事は現在では満年齢で祝うことが多くなっています

そしてこの長寿祝いでは象徴する色がそれぞれあります。

古希のテーマカラーは紫

古稀祝いのテーマカラーは紫色ですが、これは昔、古稀祝いが本格的な長寿祝いだとされていたからです。

他にも還暦祝いは赤色、喜寿祝いは古稀祝いと同じく紫色、傘寿祝いと米寿祝いは黄色か金茶色、卒寿祝いと白寿祝い、紀寿もしくは百寿祝いは白がテーマカラーとなっています。

このテーマカラーは長寿祝いの際に贈られるプレゼントや祝いの席で着るちゃんちゃんこのようなイベントアイテムのカラーでよく見かけます。

さてこの「紫」という色について、皆さんはどういった印象をもっていますか?

昔は、この紫色は高貴な色として用いられていました。その理由は、その昔聖徳太子が定めた冠による位階制「冠位十二階」で、最高位の色を紫としたことに由来します。

そういった歴史があるのですが、現代では紫というと「やすらぎ、落ち着き、癒し、上品」などというようなイメージが大きいのではないでしょうか。

確かに、高齢者の方で髪を薄い紫色のカラーに染めていたり、紫色のファッションアイテムを身に着けたりされている方を目にしますが、とても上品な印象を感じますよね。

その紫が古希を象徴する色ということで、古希祝いにプレゼントをするならば、女性の場合前述の通り薄い紫色のストールやバッグなどファッションアイテムを贈るのが喜ばれます。

男性ならば普段飲めないようなちょっと高級なお酒もおすすめです。購入するお店によって、紫色の風呂敷に包んでくれたり紫を取り入れてくれるところがありますよ。