おじいちゃんおばあちゃんをお祝いしよう「古希」は70歳

最終更新日:2018/10/19
おじいちゃんおばあちゃん古希のお祝い

おじいちゃんおばあちゃん古希のお祝い

今の日本の平均寿命は男性80歳、女性86歳と高齢化社会の現在。昔に比べると今の70歳はまだまだ元気でお若いですよね。

しかし昔の中国の詩人の人生七十古来稀なりという一節に由来して70歳は古稀と呼ばれ、昔は70歳というと驚くほどの長寿だったのです。

現代の年齢の感覚とは違っていたとしても、このような日本伝統のお祝いというものはずっと大事にして残していきたいものですし、お祝いされる方のこれからの健康を願うという意味でも、家族・親戚みんな集まって盛大にお祝いしてあげたいですよね

古希祝いに温泉旅行

そこでまずどういう風にお祝いしてあげるのがいいのか、ということを考える必要があります。

最初はホテルや料亭など場所をどこにするか悩むと思いますが、場所はどこでもよくて、何よりもみんなに祝ってもらう事が一番うれしい事ではないでしょうか。

そういった意味では手作りの料理を持参してお祝いするというのも素敵ですよね。

また、家族・親戚など身内が一斉に集まるということ自体貴重な時間ですので、この機会に温泉旅行に行きながらお祝いする、というのもおすすめです。

旅行の場合、長寿祝いのプランが用意されている宿もあります。その場合サービスとして、記念写真やワイン、記念品プレゼントなどついてくるプランもありますので、いろいろと探してみてください。

続いて、贈り物を選ぶ際の考慮点です。

60歳の還暦は赤い物、古稀は紫の色が入った物を送ると良いとされていますが、ご本人が一番喜ぶ物をみんなで選んであげて下さい。

お子さんやお孫さんからのプレゼントなら何でも喜んでくれると思います。

そして何よりもまず70歳まで元気に家族の為に頑張って支えてきてくれたことを感謝してくださいね。

思い出をアルバムに

お祝いを開く際には、今までの写真をピックアップしてアルバムにするのも良いですしパソコンなどに取り込んで簡単なスライドショーをみんなで見るのも、若かりし頃のおじいちゃんおばあちゃんの姿に盛り上がりそうですよね

食事やプレゼント、手紙など今までの感謝をこめて古稀をお祝いしましょう。お祝いの家族写真は記念に撮りたいですよね。

お祝いは過ぎてからより早い方が良いとされていますので、おじいちゃんおばあちゃんが今年いくつになるのか早めに確認して早めに計画をたてて下さい。

ご本人の体調などを考慮して事前にしっかりと計画を立てることが長寿のお祝いを成功させるカギになります。そうすれば、きっとご本人にとって忘れられない素敵な一日になることでしょう。