古希祝い

70歳、古希を迎えた方の古希祝いを考える

更新日:

古希の祝い方

もうすぐ身近な方が古希を迎える、という方も多いのではないでしょうか。大切な方の古希をお祝いする前に古希祝いについて考える機会を作ってみましょう。

古希をお祝いする方法や心がけることを把握しておけば、古希祝いの準備の際に参考になります。

そこで、今回は近年多い古希祝いの方法やプレゼントの選び方などについてご紹介します。

 

古希祝いとは?テーマカラーは何色?

70歳のお祝いとは?

古希とは、数えで70歳を迎えた方の長寿のお祝いをする、節目の年齢です。同じ長寿のお祝いで還暦というものがありますが、その還暦では赤いものを贈る習慣があることで有名です。

ならば、古希祝いの時は何色のものを贈ればよいのでしょうか。古希祝いの色は紫とされています。節目の年がわかるように、紫色の記念品を贈ることは思い出になるでしょう

もしお祝いされる方の色の好みが紫色でない場合は、無理に紫色を使う必要はありませんので、その方の好きな色を中心に選んでも何ら問題ありません。

贈り物自体が紫色でなくても、ラッピングや包装、メッセージカードなどに紫色が使われている程度にするのも良いでしょう。

古希の贈りものの定番としては、普段使い出来るような物が選ばれる傾向があり、必ずこれを贈らなければならないという決まりも一切ありません。

伝統的な慣例であっても、それぞれの生活環境やスタイルに合わせて変化させていいのです。

 

近年多い古希のお祝い方法

古希に旅行

日本の平均寿命も80歳を超え、現代の70歳というとまだまだ若く元気な方が多いものです。そういうことが背景にありますので、中には長寿を祝ってもらうことさえ、違和感を感じる人もいるかもしれません。

なにはともあれ親族がお祝いを考えるとき、家族の気持ちが伝わることが一番重要になります。出来る範囲で考えればいいのです。

旅行や食事会を計画する

旅行や食事会を贈る

まず、両親のお祝いを考えたときです。一般的には記念品を用意し、旅行や食事会などを合わせて計画する人が多いです。

両親の場合は普段から話すことも多いでしょうし、事前に好みを調べておき、こういうお祝いの時に役立てたいですね。

そして食事会を計画するなら、ご本人の好きな料理を中心に選び、なるべく賑やかに過ごせると良いでしょう。

外食の時は、座敷が落ち着けるものですが、畳に座るのは意外に疲れます。椅子席や座敷に掘りごたつ形式のお店を選ぶと便利です。

70歳のお祝い、古希に古希祝いとして食事会をしましょう

プレゼントには実用品や記念品

プレゼントには実用品や記念品

古希祝いのプレゼントでは、欲しがっているものや、腕時計、お酒、ファッションアイテム、趣味に関するものなどを贈る場合が多いです。そちらのアイテムに、特別感をプラスするために名前やメッセージを入れて贈る「名入れギフト」を選ばれる方も増えています

別途手紙やメッセージカードを贈るのも素敵ですが、実用的なアイテムに気持ちのこもったオリジナルメッセージが書かれていればいつでも目に触れることができるのが魅力。贈り主の愛情を感じて温かい気持ちになってもらえるとともに、手元に残っていつまでも古希祝いの日の思い出を振り返ってもらうことができます。

また、手元に残る記念品として、主役の方の名前を使った名前詩や、メッセージを添えた似顔絵を贈る場合も増えています。

名入れギフトにしても名前詩や似顔絵にしても、一番に気持ちが伝わるというのがポイントです。素直な気持ちをプレゼントに込めて古希祝いをお祝いしましょう。

喜ばれる古希プレゼントは「古希祝い館」

 

思い出になる特別な古希祝いをプレゼントしよう

古希に豪華客船

古希祝いで旅行や食事会を行った機会に家族・親族が集まって、時間を共有することも大事です。もし、旅行が好きな方なら、旅先でお祝いするのも素敵なことです。

山や海が近い温泉地でゆっくり過ごすのも、日頃の疲れが癒されますし、会話も弾むことでしょう。

もっとアクティブな方なら、海外旅行や豪華客船の旅などに行ってもいいですよね。堅苦しく考えず、本人の意向を取り入れることも大事です。

もし、完全なるサプライズにしたいなら、普段の行動や言動から、チェックしておきましょう。

古希を含め長寿のお祝いというのは一生の思い出になる特別なお祝いです。これまでの感謝の気持ちと、これからの長寿を願いましょう。

70歳の古希に古希祝いにしてあげたいこと

-古希祝い

Copyright© 古希のお祝い屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.