70歳の古希のプレゼントについて

最終更新日:2018/02/07
紫の花束を添えて

70歳は古希のプレゼント

古希とは、数え年で70歳の長寿のお祝いのことを指します。

そもそも古希を祝うようになった由来としては、唐の詩人である杜甫の詩が元となっていて、その影響で日本でも昔から長寿のお祝いとして利用されています。

今は80歳の方もたくさんいらっしゃいますし、長生きする方が多くて街を歩いていても若々しい高齢者の方を多くみかけるようになりましたが、それでもご本人が70歳まで元気に過ごしてこられたことに、お祝いと感謝の気持ちを込めて、特別なプレゼントを選びたいですよね。

古希祝いに身の回りの小物を来る

まず、古希のお祝いに贈るプレゼントで比較的喜ばれやすいのが、財布や食器、バッグなど、日常的に使用できるものです

このとき、選ぶポイントとしては古希を象徴する色が紫色ですので、その紫のカラーが入ったものを選ぶ、ということ。また、古希祝いのプレゼントで最近名前やメッセージを入れた食器やグラスなども人気を集めています。

世界に一つしかないギフトという特別感のあるものが、喜ばれる傾向にあります。また、品物だけはなく、家族や親戚が一緒に食事をしたり、旅行に行ったりするといったプレゼントも喜ばれます。

その際に、写真館で記念写真を撮ったり、様子を撮影した写真をフォトアルバムに収めてプレゼントしたりするといった贈り物もおすすめです。

大切な家族・親戚との思い出を形に残すことができるので、評価は高いと言えるでしょう。

紫の花束を添えて

また、オーダーメイドで詩や似顔絵を制作してもらうなどのプレゼントも、また人気です。こちらも世界に一つのものとなるので、宝物になるでしょう。

加えて手紙を書いて添えるというのも良い方法になります。その際きれいな花と一緒に贈ると、特別感を出すことができますよ

さらに、カタログギフトもおすすめのプレゼントです。みなさんの中には何を贈ったら良いかよくわからない、何が好きかよくわからないという方もいらっしゃると思いますので、そんな方はさまざまなジャンルの商品が載っているカタログを選ぶと良いでしょう。

カタログをもらう側も、好きなものをなんでも選ぶことができて楽しいですし、物だけではなく食事、旅行なども選ぶことができるカタログも多いので、古希のプレゼントとしてはぴったりだと言えるでしょう。

このように、70歳の古希のお祝いは、一生に一度の大切な日となります。70歳を迎える方の趣味や好みなどをしっかり理解して、心を込めて贈り物を選ぶようにしましょう。