70歳のお祝いである「古希」。プレゼントは何がいい?

最終更新日:2018/10/19
古希祝いにアメジスト

古希のお祝いに食事

70歳を迎える方の長寿のお祝いである「古希」。その名称は中国の唐時代の詩人、杜甫の詩の一説である「人生七十古来稀なり」に由来しています。

このことからも昔は70歳まで生きることは本当に大変なことであり、珍しかったことがわかりますね。今は平均寿命もぐっと上がり70歳という年齢を聞いても驚くほどの長寿というイメージはなくなりました。

さて、そんな古希祝いのプレゼントですが、例えば食事会を開いておいしい料理を召し上がって頂いたり、旅行に行って素敵な旅館に宿泊していただくのも良いですね

孫やひ孫などもいらっしゃる方ならば、その子供たちの顔を見て、一緒に過ごす時間が一番のプレゼントなのかもしれません。一方何か形に残るものをプレゼントしたいとお考えの方もいるでしょう。

古希の色とプレゼント例

古希祝いにアメジスト

古希を象徴する色は紫色です。紫色は飛鳥時代に制定された「冠位十二階」において最高位の色とされていました。

そのため、長寿への敬意、尊敬の現れとして紫色の物を贈ってお祝するようになったようです。ただ最近では、普段の生活でも使えるような薄紫色やラベンダー色、また商品の一部に紫色が入ったものが好評のようです。

財布やバッグなどのファッション小物、ストールやショールなども喜ばれるのではないでしょうか。その中でもおすすめなのがパワーストーンでもあるアメシスト(紫水晶)です。

石言葉は高貴・知性・誠実・平和。パワーストーンの効果としては、疲れた心を癒し、落ち着かせ、穏やかな安らぎを与えてくれるといわれています。

古希のプレゼントにリンドウ

紫色とも相まってアクセサリーとしてプレゼントするのにぴったりと言えるでしょう。特に女性の方はいくつになってもアクセサリーをプレゼントされるのはうれしいものです。また定番ではありますが花を贈られるのも嬉しいものです。

紫色の花と言えばリンドウやトルコキキョウなどが思い浮かびますが、今はバラやカーネーション、ダリアさらには胡蝶蘭にも紫色があります。

紫一色や紫意外と組み合わせて素敵な花束にしてみるのも良いですね。そしてそのお花は生花だと手入れが必要ですぐ枯れてしまいますので、プリザーブドフラワーを贈る方も最近増えています。

手入れ不要で、綺麗が長く続くお花ですので長寿祝いのギフトとして非常に適しており、それゆえに人気もあがっています。

古希を迎えてなお、いつまでも健康で長生きして欲しい。思いを込めて贈るプレゼント。贈る方の顔を思い浮かべながら選んでみてはいかがですか。