70歳の古希に古希祝いにしてあげたいこと

最終更新日:2018/10/19
70歳を家族で祝う

70歳を家族で祝う

70歳というと、子供が独立しており、孫などに囲まれて生活をしているという人も多いことでしょう。還暦を祝ってもらってから10年、毎日の生活で十分心は満たされているとしても、やはりお祝い事はうれしいものです

誕生日を家族やまわりに祝ってもらったり、敬老の日などにも敬ってもらうことができたりすることはもちろんのことですが、節目になる年齢で長寿の祝いをしてしてもらうというのも特別な気持ちになるものです。

そこで古希祝いにしてあげると喜ばれるようなことを考えてみましょう。やはり長寿のお祝いというのは、子供や孫などの取り巻く人々にお祝いをしてもらうとうれしいことでしょう。

普通の誕生日とは違って、心に残るようなことをしてあげたいものです。

一緒に思い出に残る事を

古希のお祝いに温泉旅行

思い出に残る古希祝いとしては、一緒に食事をするような会を開いてもらったりするのもうれしいことですし、温泉旅行などに一緒に出掛けてみるというのもいいでしょう。

さらには周りの人たちとの写真を撮ったりして、その時にしか撮ることができない写真を残すようにしてもいいでしょう。

また、豪華なレストランを予約してあげたりして、普段行くことができないようなところで豪華な食事を計画してあげたり、旅行でも海外などで行ったことがないようなところに行くことができるように予約をしてプレゼントをしてあげるのもいいでしょう。

プレゼントも嬉しいもの

家族で古希のお祝い

思い出づくりのほかにも、品物で残るものを贈ることを考えてみてもいいでしょう。

自分では買えない、買わないような高級なブランドバッグを贈ってみたり、時計やアクセサリーなどの普段身に着けることができるものを選んでみたり、体を気遣って、マッサージ器などにしてみるのもいいでしょう。

またお酒好きなら名前入りのお酒も喜ばれるかもしれませんね。お酒だと今は「名入れ酒」というのものがあり、お酒の瓶のラベルにご本人の名前やメッセージを入れて、世界で一つのオリジナルボトルを贈ることができるのです。これは非常に特別感があります。

少し変わった贈り物としては、健康に気をつけて、さらに長生きをしてもらうためにも人間ドックの受診券を贈るといったものもあります

自分で費用を捻出するとかなり高いこともあるのですが、こういった形で贈るというのもありがたいと思うことでしょう。

このように古希のお祝いに大事なのは気持ちでもあります。これからも長生きしてほしいという気持ちを込めてプレゼントを贈ってください。