70歳の長寿祝い古希に贈るプレゼント

古希は長寿のお祝い

古希は長寿のお祝い

日本には年齢ごとの節目で祝う長寿のお祝いがあります。

60歳を祝う還暦から始まり、70歳を祝う古希、77歳を祝う喜寿、80歳を祝う傘寿、88歳を祝う米寿、90歳を祝う卒寿、99歳を祝う白寿、100歳を祝う百寿と続きます。

60歳はまだまだ若く、現役でお仕事を続けられている方が多いですが、70歳になると仕事を退職されている方も増えるため、還暦祝いよりも長寿祝いという意識が強まります。お祝いの気持ちを伝えるためにプレゼントを用意しましょう。

今回は70歳をお祝いする古希祝いに贈るプレゼントの内容や、贈る際に気を付けることについてご紹介します。

 

古希を最高のお祝いにしよう

最高の70歳のお祝いに

現代は経済的な環境や食生活、文化が昔よりも変わってくると共に、医療技術もかなり向上していますので、人の生き方も随分変わってきました。

それに伴い、60歳70歳ではまだまだ活力あふれる方も多くいらっしゃいます。それでも60年、70年という長い人生を歩んできた確かな経験があります。

その人生のつみ重ねに対する敬意や、長く生きてくれたことに対する感謝を表すためには、伝統の長寿祝いを家族や親戚などで盛大にお祝いし、プレゼントと言う形を用いるのが最高のお祝いとなるでしょう。

最近は、家族の関係も昔とは異なってきており、なかなかみんなが集まったりすることも少ないという家庭も多いかもしれません。

ですが、今しっかり子供や孫と一緒にお祝いすることで、大切な日本の文化・慣例を継承するという意味もありますので、そういった意味でも「年祝い」という長寿のお祝いは今後も日本国民全員で大切にしていきたいものですね。

 

古希祝いには何色のプレゼントが最適?

70歳のお祝いは何色?

さて、70歳の節目となる古希のお祝いには、伝統に則ると紫が長寿祝いの色とされています。還暦には赤いちゃんちゃんこや帽子を送るのが古くからの習わしで、今でもそれを受け継いでいる方が多くいます。

また、帽子やちゃんちゃんこだけでなく、赤色を使った品物をプレゼントするという場合もあります。

古希の場合は紫色の品物をプレゼントするのが良いでしょう。紫にも色合いの違いがあります。色の名称としては違っていても薄いラベンダー色のような品物を選ぶと普段使いにも出来ると思われます。

紫色は昔から位の高い人しか身につけられなかった高貴な色として知られており、敬意を表す色として古希祝いのシンボルカラーに選ばれています。

紫色が全部でなくても一部に用いられているものや包装やラッピングが紫色のものを選ぶと、縁起が良く印象に残るプレゼントになるでしょう。

70歳、古希祝いに紫色のプレゼント

 

古希祝いに贈るプレゼント例

70歳のお祝いに贈るプレゼント例

実際に、古希祝いに贈られているプレゼントを参考にすると、イメージが膨らみやすくなります。古希祝いに選ばれているプレゼントについていくつか見ていきましょう。

ファッション小物

古希祝いに贈るプレゼントとしては、シャツ、帽子、スカーフ、ハンカチなどお出かけ用としても日常生活でも使えそうな品物はいろいろとあります。

こういったファッション小物であれば、紫の色が取り入れやすく、落ち着いた気品あふれるプレゼントを贈ることができるでしょう。

オリジナルの記念品

オリジナルの記念品

お酒や時計、お皿など、記念品といったような形で名前や言葉を刻んでくれる品物もあります。飾っておくのも良いし、大事に保管しておいても記念に残る品物でお祝いをするのも良いでしょう。

オリジナルのメッセージを刻めるギフトは、素直な気持ちがダイレクトに伝わりやすく、見るたびに触れるたびに温かい気持ちになってもらえるでしょう。

最近では、主役となる方の名前を使ってお祝いの言葉を贈る「名前詩」や、本人そっくりの似顔絵にメッセージを添えることができる似顔絵のプレゼントも人気があります。

これらは額に入れて飾るタイプのものあれば、お酒のラベルや置時計にできるタイプのものもありますので、予算や好み、雰囲気に応じて選びましょう。

70歳の古希、お祝いを盛大にする逸品

イベント

また、品物をプレゼントするだけでなく、食事や旅行などのイベントの企画もプレゼントの一環となります。

現代の人と人の繋がりが希薄になりつつある世代と違い、ご近所付き合い、地域の付き合いなどを大切にしてきた世代の方へのプレゼントです。

お祝いをしてあげたいという気持ちがあることが伝わると、それが何よりのプレゼントとなるでしょう。

70歳のお祝い、古希に古希祝いとして食事会をしましょう

 

古希にプレゼントを贈る時に意識したいこと

古希に贈るプレゼント

近年の古希祝いでは本人が喜ぶものであれば何を贈っても良いとされていますが、中には贈ってはいけないアイテムというものも存在します。

気を付けなければならないものとしては、「死」や「苦」、「老」など縁起の悪い言葉を連想させるアイテム

例えば、髪をとかす櫛や香典返しを連想させるお茶、年齢を感じさせる杖や補聴器、故人の顔にかける白い布を連想させる無地の白いハンカチなどが挙げられます。

また、目上の方に対して気を付けるアイテムとしては「踏みつける」を連想させる、靴や靴下などが挙げられます。

古希祝いのプレゼントを贈る際には、相手の気持ちが明るくなるようなアイテムを選ぶのが喜ばれるポイントとなります。これからの生活が楽しくなるようなもの、生活に密着しているもの、記念に残るものなどを選びましょう。

そして、可能であれば本人に直接顔を見せてプレゼントを渡すのも意識したいことの一つです。わざわざ自分のために来てくれたことがうれしさを大きくしますので、できるだけプレゼントを直接渡しに行きましょう。

難しい場合には、贈り物にメッセージカードを添えたり、電話をかけてお祝いの言葉をかけてあげたりするのをおすすめします。