古希のプレゼント

70歳を祝う古希に贈りたいプレゼント

更新日:

長寿祝いの1つ古希

人生にはいくつも人生の節目が存在しますが、その中でも70歳を迎えるということは昔は非常に稀で貴重なこととされていました。

現代では人生80年と言われるほど長寿社会となりましたが、大切な方が無事に70歳を迎えるということは現代においてもおめでたいことであり、みんなでお祝いしてあげるのが望ましいです。

そんな70歳のお祝いの際には心のこもったプレゼントを用意すると、より気持ちが伝わりやすく、思い出としても残ることでしょう。

今回は、古希に贈りたいおすすめの定番プレゼントや、プレゼントを選ぶ際に大切なことをご紹介します。

 

70歳という人生の節目をお祝いしよう

70歳の節目をお祝いしよう

古希は70歳の節目を祝う長寿祝いの一つです。長寿祝いには60歳を祝う還暦から始まり、100歳のお祝いの百寿までがあります。

現代では60、70まで元気に過ごしている人もたくさんいますが、昔はそのぐらいの年齢まで生きることは大変な長寿であったということです。

人の平均寿命も長くなっていることから、現代の高齢者の方の中には、「長寿」と言われることに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。

ですので、当人次第では長寿の祝いというよりも人生の節目をお祝いするという気持ちでいるのが良いかもしれません

 

古希に贈りたいおすすめの定番プレゼント

70歳のお祝いに贈りたいおすすめの定番プレゼント

そんな古希のお祝いには、何か特別な記念となるプレゼントをすることを考える人が多いと思います。しかし、いざお祝いをするとなると何をプレゼントするのが良いか迷ってしまいますよね。

そこで、古希祝いにおすすめの定番プレゼントについて、ここから具体的に紹介していきたいと思います。

シンボルカラーである紫色のアイテム

古希と紫色

古希祝いのシンボルカラーとなるのは紫色です。昔からの習わしに則るならば紫のちゃんちゃんこをプレゼントする形になります。

しかし、最初にもお伝えした通り今は70といえど若い方が多いので、ちゃんちゃんこに抵抗を感じる方もいらっしゃるようです。なので、当人の希望次第で臨機応変に対応するのが良いと思われます

紫はキツイ色というイメージもあるかもしれませんが、薄紫色やラベンダー色などの淡い色合いのものであればTシャツやポロシャツにストール、ハンカチ、帽子、等々普段使い出来そうな衣類に取り入れられるのではないでしょうか。

衣類やファッション小物であれば紫色を取り入れやすく、上品で落ち着いた印象のものを選ぶことができます。これからも若々しく、オシャレを楽しんでほしいという気持ちを込めて、メッセージカードなどを添えてプレゼントしましょう。

70歳、古希祝いに紫色のプレゼント

記憶に残るアイテム

思い出にアルバムをプレゼント

他には古希のお祝いならではの特別な記念に残る品物をプレゼントする方法もあります。感謝のメッセージや日付、ご本人の名前などが刻まれるような品物もあります。

お皿や湯呑、グラス、お酒、時計、フォトフレームなど、お祝いしてもらった当人だけでなく、家族にとっても後々の思い出として残ることが間違いないでしょう。

こういった実用的なアイテムに名前やメッセージを刻めば、いつでも目に触れることができ、見るたび使うたび贈り主の愛情を感じるとともに古希祝いの日のことを思い出してもらえるでしょう。

記憶に残るものと言えば、写真を使ったオリジナルのアルバムやフォトブック、コラージュもおすすめです

写真という記憶や記録が鮮明に写し出されるものを一つの形としてプレゼントするのはその人の人生のつみ重ねに対する感謝の気持ちを強く表すことが出来るでしょう。

喜ばれる古希プレゼントは「古希祝い館」

 

古希祝いのプレゼントを選ぶ際に大切なこと

70歳のお祝いの贈り物を選ぶ際に大切なこと

古希祝いに人気のプレゼントというのは多数存在しますが、プレゼントに大切なのは、相手の気持ちを考えることです。

決して独りよがりな判断でなく、相手が喜んでもらえるようなものを準備する必要があります。プレゼントを選ぶ前に、普段よく使っている実用品をチェックしたり、趣味嗜好をリサーチしたり、古希の方の欲しいものを直接聞いたりすると、相手に喜ばれやすいものを選びやすくなるでしょう。

-古希のプレゼント

Copyright© 古希のお祝い屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.