古希のお祝いに選びたい70歳の豊富な贈り物

古希に家族でレストラン

古希に家族でレストラン

70歳の誕生日になる方の場合では、日本の長寿祝いの一つである「古希」のお祝いになり、非常におめでたいお祝い事として知られています。還暦よりも上の年齢になり、高齢者に該当していることになるので、長寿のお祝い事として執り行うことが必要です。

70歳と言えど、最近はまだまだピンピンして毎日ゲートボールやグランドゴルフなどスポーツに勤しむ方も多いです。

それくらい元気な方が多いというワケで、自宅で静かにお祝いするよりも、贈り物として有名なレストランや各種飲食店などを予約して、家族で出向くことをおすすめしたいです

余裕のある方の場合では、同じように家族揃って温泉旅行に出掛けることもおすすめになり、普段の生活では味わうことが難しいロケーションを選択することも良いお祝いになります。

一方で70歳の古希のお祝いのテーマカラーに関しては、還暦が赤色に対して古希の場合では紫色が基本とされています。

そのため、贈り物などを選ぶ際には、ワンポイントでも紫色の入っている物を選ぶこともおすすめの方法です。

ただ、必ずそうしなければならないというものではなく、お祝いの色があらかじめ決まっているので、何かしら可能な限り取り入れることで「古希祝い」という大事なお祝い事にふさわしい贈り物になります。

実際に古希祝い用の贈り物として販売されている商品は豊富に用意されていて、例えば紫色の瓶を利用しているお酒などを見つけることもできます。

古希にワイン

お酒は日本酒の他にワインや焼酎、梅酒なども販売しているショップがあり、ラベルに対して名入れを行っていることが多いので、オリジナルアイテムとして贈ることができます。

他にも人気のあるアイテムについては、名前を使った詩の額縁を挙げることができます。

70歳を迎える方の氏名を平仮名にした状態で、それぞれの文字の下に続く詩を書き記すアイテムになり、勿論ですが完全にオリジナル品として贈ることができます。

プリザーブドフラワーなども高い人気を誇っていて、長期間にわたって室内に飾ることができるので、贈り物としては相応しいアイテムと考えることができます。

古希のお祝いで贈り物に迷ってしまっている方ならば、該当者の好みを把握することも良い方法になり、具体的には財布やバッグ、腕時計やアクセサリー類などの普段から使えるアイテムを選ぶ方法もあります。

アパレル品やキッチン用品の中でも喜ばれるアイテムが眠っている可能性もあるので、事前に調査を行った上で決めることも一つの方法です。

 

70歳の古希祝いとプレゼントについて

古希の祝い方とプレゼント

古希の祝い方とプレゼント

長寿の祝いは元来、年祝いとされており、長寿に達したことを喜び、それを記念する儀礼として行われています。お祝いは、節目となる年齢に達した場合に行われ、よく知られているものには「還暦」などがありますが、その中の1つに「古希」があります。

古希は、数え年70歳に行われるお祝いとなり、還暦では赤いちゃんちゃんこを贈る習わしとなっていますが、ここでは、紫色がしきたりとなります。

古希を含めて長寿祝いにおいては、多くはお祝いの席が設けられ、形態としては、本人が主催をする場合と、子供たちが主催をする場合、第三者が主催をする場合の3つが用いられています。お祝いの席では、本人に対して贈り物をプレゼントすることになりますが、当日参加できない場合には、遅くとも前日までに届くようにすることが礼儀となります。

古希のプレゼントの内容について

古希に喜んでもらうには

プレゼントを贈る場合には、どのようなものを送ったらよいのか悩む場合があります。しきたりでは紫色を使用することになりますが、現在においてはあまりこだわる必要はなく、ここでは、本人が喜ぶことや、心に残ることに配慮をして選ぶことが大切なことになります。プレゼントが決めかねる場合には本人に、どのようなものが欲しいのか確認をすることも1つの方法となり、この場合、相手が望むものを贈ることができるために、本人にも喜んでもらえることになります。

贈り物は、これまでは、一般的なものとして、花束や衣服、マッサージ器、本人の趣味に関係のあるものなどが選ばれていましたが、現在では多様化しており、例えば、家族の写真を整理してアルバムとして贈ったりすることも行われています。

古希のプレゼントの予算

また、本人の人生において節目となった時代の新聞スクラップを整理して贈ることも記念となり、工夫を凝らすことで、より心に残るものとなります。

ちなみにインターネットで検索すると、長寿祝いのプレゼント専門店で、お祝いされる方が生まれた年の新聞(70年前の新聞)が付いた名入れ酒などいろいろなプレゼントが販売されています。ぜひいろいろなプレゼントを検討してみてください。

古希のプレゼントは、住む地域や贈る相手、親しさの度合いによっても異なってきますが、招待を受けた場合には、ある程度の相場を事前に確認をしておく必要があります。親戚からの招待の場合には5,000~20,000円程度が相場となり、第三者としての招待の場合には5,000~10,000円程度が相場金額となっています

70歳のお祝い古希に最適なギフトとは

古希ギフト

 

古希ギフト

日本では、70歳という年齢は「古希」という「年祝い」(長寿のお祝い、通過儀礼)に該当し、家族や親戚、友人などでお祝いすることが一般的になっています。

「古希」は、人生70古来稀(まれ)なり、という中国の詩人・杜甫の詩の中から取られた年の節目を表す言葉で、60歳を表す還暦に次いで訪れる長寿のお祝いになります。

ですが、今では還暦を迎えた方でも若々しい方がとても多く、長寿と呼ぶことさえもふさわしくなくなってきています。そういうことから古希を長寿のお祝いの最初と考えてもよいようです。

この後は77歳の喜寿、80歳の傘寿、88歳の米寿、90歳の卒寿、99歳の白寿と続きます。このあたりの年祝いはもう長寿で間違いありませんね。

さて、還暦のギフトとしては赤いちゃんちゃんこが有名ですが、古希は長寿の節目ですが、70歳の場合はいつ頃お祝いをするとか、これをプレゼントするとかいう決まり事というのはありません。

還暦を模してちゃんちゃんこを贈る場合も多いですが、ちゃんちゃんこでなければいけないという事はありません。その方とのご関係を考えつつ、喜ばれるものを贈ればよいのです

直系のご家族であれば、お手紙などもよいギフトになります。特にお孫さんからのお手紙や似顔絵などは大変喜ばれることでしょう。大事なのは「70歳まで長生きしてくれてありがとう。これからも元気でいてください」というお祝いと感謝の気持ちです。その気持ちが直接伝わる手紙は一番記憶にも残るものです。

古希ギフトにタオル

ご親戚やお知り合いであれば、やはり何かの物になりますが、ただし、70歳ともなると何かしらの健康問題はあるものです。いくら好きだからといって、お酒や甘いものなどの健康状態によってはよくないものはギフトから外すのが無難です。

食べ物であれば、のりや佃煮、お茶など、和食にあいそうなものが一般的には好まれます。食べ物以外のギフトとなりますと、タオル類はおすすめです。バスタオルやフェイスタオルは比較的よく使うもので重宝しますし、色柄の種類も豊富ですから、見栄えもよく実用的なので喜ばれます。

また、毛布や靴下ほかの防寒用品も喜ばれるものです。高齢になると寒さに弱くなっていますので、防寒用品は使って貰いやすいものの代表となります。ちゃんちゃんこに近いイメージではありますが、暖かい生地の肩掛けなどもいいでしょう。根強い人気がある湯たんぽなども新しくて素敵な柄物などを選んでギフトにしてもいいですね。

70歳の古希のプレゼントにはこちらがお勧めです。

70歳古希のプレゼント

70歳古希のプレゼント

70歳の誕生日は、「古希」のお祝いと言って特別なものとなります。この「古希」というお祝いは、年祝いの一つで、一番有名なものに「還暦」などがあります。

「還暦」のお祝いと言うと赤いちゃんちゃんこをプレゼントして盛大にお祝いしてあげるようなイメージがありますが、そんな特別な日である「古希」に、どんなものをプレゼントすれば良いのか、迷ってしまうという方は多いのではないでしょうか。

前述の「還暦」を真似して「ちゃんちゃんこ」を贈る方もいらっしゃるようですが、絶対「ちゃんちゃんこ」じゃないとダメだということは全くありません。古希のお祝いには紫のものを贈ると良いとされていますが、ここから古希祝いにお勧めのプレゼントをいくつかご紹介していきます。

古希にフラワーアレンジメント

まずは女性へのプレゼントでお勧めなのが、フラワーアレンジメントです。女性はいくつになっても花が大好きですし、見ているだけで癒されてしまいます。特に高齢の女性の方は花が好きな方が多い為、フラワーアレンジメントはお勧めの品となります。

紫のものを贈ると良いとされていますので、フラワーショップで注文をお願いする時には、紫色の花を中心としたアレンジメントを作ってほしいということを伝えましょう。紫色が美しい花は沢山ありますので、きっと豪華で可憐な花が咲き乱れたプレゼントを贈ることが出来るのではないでしょうか。

古希の贈り物にスポーツウェア

次に男性への贈り物ですが、その方の趣味に関係した物をプレゼントすると良いのではないでしょうか。パークゴルフなどのスポーツが好きな方には、スポーツをする時に着ることが出来る洋服や帽子、小物などを贈って見てはいかがですか。こちらも紫色を取り入れるのがお勧めです。

ポロシャツや帽子を贈る際に、さりげなく紫色のものを選ぶことで、立派な古希祝いのプレゼントになります。事前に今どんな趣味にはまっているのか、今興味があることはどんなことなのかを調べておくことをお勧めします。自分の趣味にあったものをプレゼントされることは、いくつになってもとても嬉しい事なのです。

いかがでしたでしょうか。70歳の古希のプレゼントとして、男性にも女性にも共通することは、お祝いにあたる方のことをよく考えて、贈り物を選ぶことです。今、何を貰ったら嬉しいのかを考えて、必要であれば事前に会いに行って話を聞いてみる事も大事です。自分のことを考えてくれる、という気持ちが何よりも嬉しいことでもあるのです。

70歳になった家族を祝う古希に似合うプレゼントの数々

古希を祝うプレゼント

古希を祝うプレゼント

70歳の誕生日を迎えた場合、日本では「古希のお祝い」として盛大に行うことも古くから行われている内容です。

そもそも長寿を祝う儀式「年祝い」は、奈良時代から徐々に庶民に広がるようになり、そのころは40歳から10歳ごとにお祝いしていたようです。

そこから現在までに「60歳の還暦」「70歳の古希」「77歳の喜寿」・・と満年齢60歳(数え年で61歳)からお祝いするようにだんだん時代が変化してきました。

「古希」も長寿のお祝いごととして非常にめでたい日になり、本来であれば数え年で計算する方法になりますが、現在では満70歳の誕生日に合わせてお祝いすることも一般的な風習として行われている方法です

そういう特別な年齢ということもあり、古希の場合他の誕生日とは異なり、プレゼントを充実させることも一つのポイントです。一般的には紫色のアイテムを選ぶ方法が主流ともされているのですが、色に関しては関わらずに自由に選ぶことも間違いではありません。

プレゼント選びで困っている方のケースでは、インターネットで検索をしてみると、古希祝いに特化したアイテムを取り揃えているサイト(専門店)を見つけることもできます。代表的なものでは、名入れ商品などが人気を得ていて、例えばグラスや食器類、箸や茶碗なども用意されています。

インターネットで検索

名入れのラベルを用いたお酒なども販売されていて、該当者の好みのお酒を選べるように配慮しているサイトまで存在しています。

プレゼントは非常に範囲が広く、名前を使った詩を作成する方法、似顔絵を活用したイラストをオリジナル商品として販売しているサイトまであり、世界に一つのアイテムとして用いることができます。

古希祝いでも、一般的なプレゼントでも対応することも不可能ではなく、例えば衣類などを贈る方法や下着類などを贈る方法、アクセサリーや時計、財布など身近な生活で使用することができるものを選ぶ方法も用意されています。

70歳の古希の場合では、身体的に無理をできない方が多く存在しているので、ハードなスケジュールなどは無理が生じてしまいます。しかし、家族揃って温泉旅行に出掛けたり、特別な食事などを行う方法もあり、アイデアによってプレゼントは選び放題になります

本人の趣味趣向に合わせることもおすすめになり、カタログギフトなどを準備して本人に選んでもらう方法もありますが、現在ではインターネットからヒントを得ることも良い方法です。

70歳の古希の贈り物にお勧めなものとは。

70歳のお祝いに

70歳のお祝いに

70歳は古希という年祝いで知られています。また昨今では数え年ではなく満年齢で祝うことが増えています。この長寿祝いである「古希」の誕生日には、皆でご飯を食べたり贈り物をしたりと、楽しい時間を過ごすことが非常に大切です。

今まで沢山の苦労を経験し生きてきた方々に、心を込めたお祝いの贈り物を贈りましょう。しかし、古希には何を贈れば良いのか解らない、といった方も多いのは事実です。そんな方にお勧めな、70歳の古希の贈り物でお勧めなものを、いくつかご紹介いたしますので、是非参考になさってください。

女性にはプリザーブドフラワーがおすすめ

古希の女性と贈り物

まず女性には、プリザーブドフラワーのアレンジメントをお勧めします。生の花に特殊加工を施したもので、手入れをしなくても花の美しい状態を、いつまでも楽しむことが出来るアレンジメントです。女性はいくつになっても花が大好きですし、毎日頑張ってお世話をしなくても美しい状態を保つことが出来るプリザーブドフラワーは、まさに古希の贈り物にぴったりです。

さらに古希に贈ると良いとされている、紫色の花が入ったアレンジメントを選ぶと良いのではないでしょうか。必ず紫色のをとり入れる必要はないのですが、せっかくですのでどこかにワンポイント入れてあげるのも長寿祝いらしくなりますよ。

またプレゼントを渡す際は、メッセージカードや手紙を一緒に添えて贈ることをお勧めします。そうすることでさらに特別な贈り物になること間違いなしです。

男性には趣味に関するものがおすすめ

古希の男性と贈り物

続いて男性には、趣味に関するもの贈り物をするとよいのではないでしょうか。70歳の年代は、自分の趣味を楽しむのにとても良い年齢でもあります。スポーツがお好きな方なら、ウォーキングやゲートボール用の靴やポロシャツ、汗拭きタオルなどを贈ると喜ばれます。園芸や家庭菜園が趣味の方なら、園芸に関する農機具や帽子などと、毎日使用できるものが良いのではないでしょうか。

男性が趣味に没頭して毎日を楽しく過ごしてることは、とても素晴らしいことです。そんな健康的な毎日を後押しできるようなものを、贈り物として贈ると良いのではないでしょうか。

男性にも女性にも共通しますが、相手の事をしっかり考えて贈り物を選ぶことが一番大切です。考えて選んでくれた、という気持ちも立派な贈り物となるです。70歳の古希のお祝いという、非常におめでたい日に特別なものを贈り、お祝いの席を盛り上げてみてはいかがでしょうか。