古希の祝い方

70歳の古希、お祝いを盛大にする逸品

更新日:

古希祝いにお酒を贈ろう

人生に一度の大切なお祝い、70歳の古希祝い。

大切な方が古希を迎える際には、お祝いとともに日頃の感謝の気持ちや今後の長寿を願う気持ちを乗せて素敵な贈り物を贈りましょう。

古希祝いでは贈り物を用意して贈るのが一般的ですが、お祝いの席を盛り上げるアイテムを用意するとより思い出深い古希祝いになります。

今回は、70歳の古希祝いを盛大にする逸品やその逸品の魅力についてご紹介します。

 

70歳の古希祝いを盛大にする逸品とは?

70歳の古希を盛り上げる逸品とは

70歳という長寿をお祝いする古希祝いですが、お祝いの仕方だけでなくどういったものを贈ればよいのか、ネットで人気の商品を調べる方も多くなっているようです。

今ネット上には、様々な長寿祝いのギフトがあるので、あれもいいな、これもいいな、とさらに迷ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、もしお酒をたしなむ方に古希祝いのプレゼントを贈るならば、お酒の贈り物が好まれますので、筆者は迷わず「お酒」をおすすめしたいです。

といっても、お酒には人それぞれ好みがありますので、どの銘柄が良いのか、と困ることもしばしばあります

そんな時には、「名入れ」サービスのあるお酒の贈り物はいかがでしょうか?

 

古希祝いに贈りたい「名入れのお酒」の魅力

古希のプレゼントなら「古希祝い館」

名入れ酒とは、名前やメッセージをラベルに入れて贈ることができるオリジナル性の高いお酒のこと。

ここでは、名入れ酒を取り扱う古希祝い専門のショップを例に挙げながら、名入れのお酒の魅力についてご紹介します。

気持ちがダイレクトに伝わる

気持ちがダイレクトに伝わる

例えば「古希祝い館」というショップで紹介されている純米大吟醸の日本酒

「お父さん 祝古希」などオリジナルのメッセージを入れることができるため、インパクトがありますね

このほか、「いつもありがとう」「これからも元気でいてね」など感謝の気持ちや長寿を願う気持ちを伝えるメッセージに変更することができ、気持ちをダイレクトに伝えることができます。

紫色をさりげなく取り入れられる

古希祝い館が販売する名入れのお酒には、きれいな紫色の瓶が使用されています。これはちゃんと理由があって、古希のお祝いには、長寿への敬意といたわりの心が込められた「紫色」をキーワードにお祝いするのが一般的になっています

日本では、紫は古くから、気品や風格を備えた色として尊ばれてきたという歴史があります。ですので、ぜひお祝い自体も紫色を意識してあげると、「古希祝い」という雰囲気が増しますよ。

付属のサービスも魅力的

付属サービスも充実

さきほどのお店でも販売されていた「名入れ酒」ですが、そのお酒のラベルは自由自在に制作が可能となっていて、ご本人のお名前を入れてみたり、「感謝」や「長生きしてね」など家族からのメッセージを入れてみたりして、世界で一枚だけのオリジナルラベルを作ることができます。

さらにラベルには、手漉き和紙が使用されている点も嬉しいです。これなら、中身のお酒を飲み終わったあとも、インテリアとしてお部屋に飾っておくことができそうです

プレゼントされた方も、古希祝いの思い出をいつでも振り返れることでしょう。

また、このお店では生まれた日の新聞を付けていただくことも可能なようですね。自分が生まれた日の新聞を見ることさえ滅多にない機会なのに、それが70年前の新聞だなんて、きっと驚くことでしょう。

とても素敵なサプライズ演出となってくれそうですし、この新聞を見て昔話に花が咲き、家族の会話も盛り上がりそうですよね。

名入れ酒を販売している「古希祝い館」

 

家族と名入れのお酒を楽しむ時間も特別な時間に

家族と名入れ酒を楽しむ時間も特別な時間に

古希祝いにプレゼントした名入れのお酒を家族と一緒に飲んで楽しむというのも忘れられない特別な時間になります。

一緒に時間を共有する、何か思い出を作るというのは古希祝いの際には大切なこと。名入れのお酒を飲みながら、一緒に食事をしたり、お話をしたり、家族との時間を楽しんでもらいましょう。

古希祝いなど長寿のお祝いはいつもの誕生日とは違い特別な日になりますので、今回ご紹介したような贈る側も贈られる側も幸せになれる贈り物を選んでみてはいかがでしょうか。

古希に人気のプレゼント5選!感謝と長寿のお祝いに心のこもった贈り物

-古希の祝い方

Copyright© 古希のお祝い屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.